忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

綾辻行人「Another(上)」(角川文庫)

1998年春、夜見山北中学に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの空気に違和感を覚える。そんな中で起こり始める、恐るべき死の連鎖! 名手・綾辻行人の新たな代表作となった本格ホラー。(角川文庫HP紹介文より)


 じわじわくる怖さ。

 本格ホラー。ゲームノベルを恐る恐るやってる感触。でも数倍怖い。

 文体がなにも起きていないのに、すでに漠とした不安感を与える。
 主人公は気胸に苦しんでいるが、その「痛み」も伝わってきて顔を思わずしかめる。

 新本格派のミステリ作家として知られる著者。
 徐々に謎が解明されていくその手腕にさすがと思う。解いたら解いたで新しい謎が。
 三年三組で起き続ける人死にの悲劇。
 この連鎖を止めることはできるのか?(ドキドキ)

 鳴海メイは綾波レイのイメージだけど違うかな。
 きっと「増えた一人」はあいつなんだろうな。
 下巻を読むのが楽しみ。

 もう一つ。主人公の名前と神戸での殺傷事件の影響などを見て、僕は中学生の時の衝撃を思い出した。僕と主人公は同年代だ。僕らの世代の心の傷として、あの事件は残ってしまっているんだなと感じた。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]