忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   
カテゴリー「映画」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF観ようぜ(4) 「天空の城ラピュタ」

初めて「ラピュタ」を観たのは14歳のときだった。

 家族がカラオケに出かけた後、両親の部屋に置いてあるテレビを独占して、一人で観たのだった。しーんとした家の中、僕と映画だけの対話の時間だった。

 エンドロールの「君をのせて」が流れる間、映画に対して真摯な姿勢を見せないといけないと思ったのか、僕は畏まって正座をしていた。そんな気持ちになるのは小説以外では初めてで、宮崎駿という人の作品に僕は胸を撃ち抜かれてしまったのだ。

 あれから16年。30才になった僕は今まで何度も見返したはずの作品をまた見て、涙している。14才で観たときと同じように。作品の内容や魅力については今さら語るまでもない。活劇に手に汗を握り、気持ちのいい人たちや父親や好きな人とのつながりに涙し、悪役の狂気に背筋を寒くし(そして、どこか共鳴し)、文明という巨大なものに恐れおののく。小さな物語から、大きな物語まで、その美しさに心を囚われる。

 見た後に思わず興奮に囚われたまま、昔、コレクションしたパンフレットや「ロマンアルバム」「ジ・アート・オブ」をパラパラめくる。野田昌弘さんのインタビュー記事やフラップターの構想段階のイラストにレイ・ブラッドベリのサインが入っていたなどの情報にSFファンとして反応してしまう。この作品も僕のSF熱に火をつけたものの一つなのだ。僕という人間を構成する材料の一つにこの作品もなってしまっているのだ。

 ふと、ハイロウズの「十四才」という曲を思い出す。ボーカルの甲本ヒロトが十四才のときにロックンロールで受けた衝撃を「かもめのジョナサン」のジョナサンに語り掛ける形で回想するという歌詞だ。

 それは僕の心臓ではなく
 それは僕の心に刺さった

「ラピュタ」を観たときの僕の気持ちは、まさにこれだ。そして、この歌はこうくくられる。

 あの日の僕のレコードプレーヤーは
 少しだけいばって こう言ったんだ
 いつでもどんな時でもスイッチを入れろよ
 そん時は必ずお前 十四才にしてやるぜ

今日、僕は映画の時間の中だけ14才に戻って、そして、30才の肉体にまた帰ってきた。あの頃、夢見ていた自分とは程遠い。でも、誰になんと言われようと好きなものを大切にして、自分の感性を信じていこうと幼いながらに決めた人生の指針だけは、牙城を守れているんではないかと14才の自分に言い訳したい。だって、俺、まだ「ラピュタ」で涙できるんだぜ。

 僕にとっては単なる映画の一本ではなく、「宝物」といえる作品なのです。
PR

SF観ようぜ(3) 『スキャナー・ダークリー』

3f729fa5jpeg 近未来のアメリカ。政府が腐敗した社会には、「物質D」と呼ばれる右脳と左脳を分裂させてしまう恐ろしいドラッグが蔓延。人民の権利はことごとく踏みにじられていた。キアヌ・リーブス演じる覆面麻薬捜査官は、「物質D」の供給源を探るため、自らジャンキーとなりドラッグの世界へと深く潜入していくが、やがて捜査官の立場で、ジャンキーとしての自分を監視する事態に陥る。そして、彼の中で捜査官とジャンキーという2つの人格が分裂し始め、徐々に、しかし確実に崩壊していくのだった。

自己言及の映画 『スクリーム2』

 前作から2年、ウッズボローで起きた殺人事件で命を狙われたヒロイン、シドニーは楽しい大学生活を送ろうとしていた。ところがあのハロウィンマスクの殺人鬼が再び殺人ゲームを開始。シドニーや周囲の人間を恐怖に陥れる。

SF観ようぜ(2) 『サラマンダー』

   現代のロンドン。地下鉄延長工事の現場から、太古の巨大竜、サラマンダーが眠りから目を覚ました。彼らは驚異的な速さで増殖し、20年後には人類を絶滅へと追い詰めていた。サラマンダーの目撃者であったクイン(クリスチャン・ベール)は、仲間とともに要塞に隠れるように暮らしていた。そこにアメリカからサラマンダーを倒したことのある男ヴァンザン(マシュー・マコノヒー)と彼が率いる義勇軍がやってくる。空を自在に飛び回り、強烈な炎を吐き、人間を喰らうサラマンダーを相手に、と、生き残ったわずかな人間たちの生死をかけた戦いが始まった。

SF観ようぜ(1) 『地獄の変異』

 『コヨーテ・アグリー』のパイパー・ペラーボ主演によるモンスターパニック。ルーマニアの奥地で、長年にわたり封印された巨大洞窟が発見される。早速世界的探検隊が探索を開始し、順調に地地下深くへと進んで行くが、突如隊員のひとりが姿を消し…。

ファンキー 『メン・イン・ブラック』

   黒ずくめの男たち=メン・イン・ブラックは、地球上に住むエイリアンの監視と犯罪取締りを仕事としている。ニューヨーク市警の刑事ジェームズは、黒スーツの男Kから、地球に1500ものエイリアンが侵入していることを知らされる。そしてジェームズは、自分の過去を抹消してKと同じ仕事についた。

エログロ映画になっちゃった 『スターシップ・トゥルーパーズ2』

 昆虫型エイリアン = バグズと人類との戦いが激化する近未来。バグズが支配する辺境の惑星で激しく交戦を続けていたシェパード将軍率いる中隊は、敵の猛攻撃に合い退却を余儀なくされる。既に廃墟と化した連邦軍の基地へ命からがら逃込んだ中隊は、そこで想像を絶する恐怖にさらされる…。

スプラッタホラーの名作 『スクリーム』

 カリフォルニアの田舎町、ウッズボローで殺人事件が起きた。高校生ケイシーが不気味な電話を受け取った後、恋人と共に惨殺されたのである。同じ高校の女生徒シドニーもまた、その電話を受け取っていた。彼女はマスクを被った人物に襲われたが、駆けつけた恋人ビリーに助けられる。だがビリーは犯人として疑われ、逮捕されてしまった。しかし、またもシドニーに不気味な電話がかかってきたのだ……。

害虫駆除に大わらわ 『スターシップ・トゥルーパーズ』

民主主義崩壊後の新政府、地球連邦では軍部を中心とした「ユートピア社会」が築かれていた。社会は清廉で、人種・男女の差別なく全く平等に活躍しているが、軍歴の有無のみにより差別され、兵役を経て市民権のある「市民」と、兵役につかなかった「一般人」に分けられている。銀河全体に殖民を始めた人類だが、その先で遭遇した先住の昆虫型宇宙生物(アラクニド・バグズ)の領域を侵したため紛争が発生し、アラクニド・バグズが地球に対し小惑星を突入させる奇襲攻撃を仕掛けてきたため、全面戦争が始まった。
 主人公ジョニー・リコは、高校卒業後地球連邦軍に入隊して宇宙戦艦のパイロットになるガールフレンド、カルメンに憧れ、自身も大学進学をやめて軍に入隊し機動歩兵隊の訓練キャンプでしごかれる日々を送る。一旦は軍隊をあきらめようとしたリコだったが、奇襲攻撃で故郷ブエノスアイレスが壊滅したため機動歩兵に復帰し、宇宙での戦いに加わる。厳しい戦いで仲間を次々に失うなか、次第に戦士として成長していくリコ。そして侵攻した惑星で、知能を持ったバグ(ブレイン・バグ)にとらわれたカルメンを救出しようとするが…(ウィキペディアより引用)

こんなのサッカーじゃないカニー 『かにゴールキーパー』(06年・日)

 環境破壊が原因で、この地球上でさまざまな生態系や個体の突然変異が現れていた。そんなとき、一匹の巨大な蟹が日本のとある浜辺に打ち上げられた。子どもにいじめられていた蟹とそれを助けた少年との友情をベースに、怪しく織り成すカニのサクセスストーリー(?)。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]