忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢枕獏『飢狼伝Ⅲ』

img268.jpg
飢狼伝の三巻目。

東洋プロレス社長・グレート巽の発言を機に格闘技界が動き始めた。辞表を出し、北辰館に乗り込んだプロレスラー・長田弘は松尾象山主催のトーナメント出場を宣言する。丹波文七と北辰館の堤城平は松本市の河野道場にいた。そこに木島工業の筋者がやってくる。圧巻の梶原vs長田戦!シリーズ第3弾。


 いきなり長田が北辰館の道場へ乗り込んできた。
 燃えないわけがない。
 そして、その相手は文七の弟子、久保涼二のライバル成川。
 燃えないわけがないではないか。
 この「燃えないわけがない。」が読んでる間、始終続くのだ。
 面白くないわけがないではないか。

 また、魅力的な人物の登場。堤城平。身長が低く、闘う理由が見つからないと動かない。その格闘者としての異質さ。身長の低い僕には、感情移入できるキャラクターである。さらに、今度はこの堤が関わったトラブルに文七や涼二も巻き込まれ、さらにはそれが松尾象山のぶち上げるトーナメントへと繋がっていきそうな感じがする。誰が真の最強かを決めるトーナメントへ。

 しかし、この巻の最大のイベントはなんといっても、長田対梶原の「セメント」なのである。
 二人の長年の重いが、互いに背負ってきた格闘人生が音をたてて、軋み合う。肉体と肉体の会話。関節技を通して、二人は互いの気持をぶっつけあっている。目にも鮮やかな漢字一文字の羅列。クライマックスに向けて疾駆する文字を追う僕の目。
 ところが。しかし。やはり、そこで物語はぶったぎられてしまうのだ。他のレスラーの乱入。
 「ひどいじゃないスか」と叫んだのは長田同様僕も同じだ。

 そして、唐突に行われる「転章」での藤巻と松尾象山の格闘。
 七秒の間に果たして何が起こったのか・・・・・・。物語はまだまだ走り続け、止まる気配を見せない。
 早く次を読むぜい。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]