忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読まなきゃ(105) ジャック・ヴァンス『竜を駆る種族』

img003.jpg はるかな未来、人類最後の生き残りが住むさいはての惑星エーリスでは、風雲急を告げていた。バンベック一族の住むバンベック平を幸いの谷の一族カーコロが狙っていたのだ。異星の爬虫類種族を育て、さまざまな竜―――阿修羅や金剛や一角竜から成る軍隊に仕立てたバンベックとカーコロは、まさに一触即発の状況。しかも、エーリスを狙う爬虫類型の異星人ベーシックが襲来しようとしていたのだ!名匠のヒューゴー賞受賞作。

 ちょ、超面白い!興奮した!

 異星を舞台にした戦争小説。当初は二つの勢力の抗争を描き、さらに、そこに異星から、トカゲ軍団が降ってくる。さまざまに移り変わる情勢がスピーディーで、読者に息つく暇を与えない。作品も中篇ということで、無駄のない締まったできになっております。

 なにより、竜の名前がかっこいい。訳者あとがきによれば、伊藤典夫氏の『終わりなき午後』を参考にしたそうです。阿修羅、金剛、羅刹、韋駄天、青面夜叉……。うーん、キーボードを叩いて変換することすら快感な、かっこよい名前だ。古風な文体もすばらしい味を出していますねえ。

 竜はベーシックを、ベーシックの乗り物は人間を品種改良したものだそうですが、双方の共食いというか、同人種での殺し合いには、背筋が寒くなる思いです。相手の巨人と、味方の竜との激突とか、戦闘もみどころいっぱい。楽しすぎました。

 バラモンと呼ばれる人々が出てくるのですが、昨日のディックの相対主義者みたいな人々でした。けれど、彼らは人間にいっさい手出しをしない中立をつらぬいている。相対主義の悪いところは、自分の主義や立脚点なんかのバックグラウンドすら、なくなっちゃうところだと思います。善悪すら否定しちゃう考え方ですから。その点、バラモンはそこで煩悶しているようですが。可哀想な人たち。
 バラモン、ベーシック、エーリスの人々の理解には到底及ばない隔絶。さすが、名篇『月の蛾』を書いた人だなあと思いました。

 本屋を数軒、回ったのだけれど見つからず、しかたなくアマゾンで購入したのですが、けっこう売れているのでしょうか?こういった名作を今後も、どんどん復刊してほしいものです。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]