忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(69) シオドア・スタージョン『人間以上』

66cc5d64.jpg 悪戯好きの黒人の双生児、生意気な少女、発育不全の赤ん坊、そして言葉さえ知らぬ白痴の青年。かれらは人々から厄介者として扱われていた。しかし、かれらはコンピューター顔負けの頭脳、テレパシー、テレキネシス、テレポーテーションなどの能力をもつ超人だったのだ!それぞれが無駄に使っていた超能力も五人が結集すれば、人類を破滅にみちびきうるほどの恐ろしき力となるのだ・・・・・・。ミュータント・テーマの傑作長篇。

 面白いというよりは、「凄みのある」作品、だと感じました。

 虐げられていた子どもたちが、能力を持ち、それぞれが「一人」の手足や頭となっていく。「恐ろしき子どもたち」というのはけっこう好きなテーマなのですが、この話はその中でも、戦慄を感じます。子どもが行う無邪気ながら、それでいて残酷な行為。そのギャップに、僕は薄ら寒さを感じてしまう。
 大人のように、明確な判断基準を持っていないため、ある意味で子どもは「空っぽ」の存在なのだなと思います。そこでは、善悪で動いていない空虚な怖さがあり、それが未知、「なんだかわからないもの」の恐怖を我々の心に浮かび上がらせる。ローンの目が人々を困惑させるのも、そのせいなのでしょう。
 そして、成長の儀式を通り抜ける第三章・・・・・・。唐突感のあるラスト数ページには驚きます。『幼年期の終り』をなんだか思い起こしましたが、あれとは、やっぱり、ちょっと違うかな。あれは人類を超える物語でしたが、これはまだ地続きでいるのだから・・・・・・?

 おそらく、これから何度も読み返すことになるだろう、そんな作品です。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]