忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大槻ケンヂ『サブカルで食う』

ミュージシャン、小説家、エッセイスト、テレビタレント、ラジオパーソナリティ、俳優…若者が憧れる数々の職業を経験してきた著者が教えるサブカル処世術。(白夜書房 帯より)


 いや、食うつもりはないですよ。
 でも、ちょっと憧れる。怪しいオジサンたちに。

 大槻ケンヂさんのエッセイのファンです。
 音楽も少し聴いてます。好きなのはオザケンのカバーの「天使たちのシーン」、「Guru」(セリフ入りのやつ)、「サンフランシスコ10イヤーズアフター」などなど。

 高校生の時に、大槻ケンヂのエッセイに救われました。大げさに言うと。
 「肩の力を抜けよ」と語りかけてくれた気がしました。諸星大二郎とか「トンデモ本の世界」とか、世の中には面白いものがいっぱいあることを教えてくれました。

 語り起こしが小学生からなので、大槻ケンヂの半生を時代背景を絡めて知ることができて、楽しかったです。いかにしてバンドがデビューし、サブカルで食えるようになっていくのか。「才能・運・継続」という彼の教えは訓話めいてはいるものの、だからこそ本物なのでしょう。これまでもエッセイで読んできたさまざまな逸話が端々で登場してきて、たいへん懐かしかったです。

 ファンの方及び、サブカルで食べたい方はぜひ。
 ちなみにサブタイトルは「就職せず好きなことだけやって生きていく方法」。
 ・・・就職する前に出会いたかった。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]