忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

綾辻行人「Another(下)」(角川文庫)

夜見山北中学に転校してきた榊原恒一は、クラスの奇妙な雰囲気に違和感を覚える。孤高の美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みるが、謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!(KADOKAWA:オフィシャルサイトより)


 だ、だまされたあ!

 あれだけのヒントがありながら。
 頭の中でひっかかっていながら。
 ちくしょー。
 
 次々に死へと引きずり込まれていく3年3組の関係者。
 はたしてこの死の連鎖は止められるのか?クラスの中に紛れ込んだ「もう一人」は誰なのか?
 その解決策の提示があり、ラストへと突っ走っていく読感は興奮もの。
 幼いころ、死にかけたことで「死」の色が見えるメイの眼のくだりにはぞくぞくしてしまった。

 クライマックスの合宿所での凄惨なシーン。次々と襲い来る恐怖!
 特に「もう一人」を間違えて幼馴染を殺しかけた場面が心理的な恐怖、くだけた感じでいうと「やーな感じ」がして心が固まる。が、一応のハッピーエンディングで救われた(いや、人によってはバッドエンドなのか?)。

 前半、主人公がメイとともに「いないもの」とされて、学校内を二人でうろうろするのは、透明人間になったような感じで、そんなシチュエーションもいいよなあと妙にいい気分になった。

 読み終えた後にほっとする。
 自分がふつうに生きていることがありがたく思える(大げさ?)。
 やっぱり、ホラーは「和み」だし「癒し」だね。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]