忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(354) アンディ・ウィアー「火星の人(上)」(ハヤカワ文庫SF)

有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を消した。ところが――。奇跡的にマークは生きていた!? 不毛の赤い惑星に一人残された彼は限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びていく。宇宙開発新時代の傑作ハードSF。


 エキサイティング!
 冒頭から興奮しっぱなし。

 火星ひとりぼっち。
 極限状況下を生き延びるために努力し続ける宇宙飛行士の物語。
 武器は「知恵」と「勇気」だ!
 水を、食料を、熱を、通信機を作り出すその方法に脳が震える喜びを感じる。
 思い出すのはジョン・W・キャンベル・ジュニアの「月は地獄だ!」。「月面に残された探検隊のじつに二年に及ぶサバイバル」(早川書房『ハヤカワ文庫SF総解説2000』より。役に立つなあこの本)というお話なのですが、こちらは複数人いるのに、マークは一人ぼっち。彼が地球と連絡がとれたときには涙が出てきちゃいましたよ、通勤電車の中で。

 上巻ラストはガーンと衝撃を受ける非常事態で終わってしまいました。どうなる、マーク!?ああ、心配・・・。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]