忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

都筑道夫「怪奇小説という題名の怪奇小説」(集英社文庫)

あれこれとプロットを案じながら街をさまようが、そこで見かけたのは30年前に死んだ従姉にそっくりの女だった。謎めいた女の正体を追ううちに、作家は悪夢のような迷宮世界へと入り込んでいく…。奇想にあふれた怪奇小説の傑作が現代に蘇る。


小松左京の「題未定」みたいだなと思いながら最初は読んでいました。
しかし、ステキな題名です。「怪奇小説という題名の怪奇小説」。

なんだかメタフィクション的で、好きな作品です。
この当時の小説家は自分をイメージさせる一人称の主人公をよく登場させていて、そういう傾向の作品も好きなんです。自分のイメージを上手に使って、読者を騙してますね。

ミステリの翻訳家であり、自らもミステリを書く作者ならではの語り口で、「死んだはずの従姉に瓜二つの女は何者か?」という謎にぐいぐい引き込まれていきます。そういえば、都筑道夫さんの本を僕が読むのはなめくじ長屋シリーズ以来、十数年ぶりです。

「ホラー」というよりは、ほんとに「怪奇」という印象で、とても日本的です。途中で海外作品の翻訳という形の小説が挿入されるのと対比されて余計にそう思えるのでしょう。最後に登場する隠れ里の様子なんて、てとも興味深かった。そして、見世物小屋から出たかのような読後感です。

ページ数もそう多くなく、一気にぐいぐいと読ませる力のある作品でした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]