忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ポール・ギャリコ「猫語の教科書」(ちくま文庫)

ある日、編集者のもとへ不思議な原稿が届けられた。文字と記号がいりまじった、暗号のような文章。“£YE SUK@NT MUWOQ”相談を受けたポール・ギャリコは、それを解読してもっと驚くはめになる。原稿はなんと、猫の手になる、全国の猫のためのマニュアルだった。「快適な生活を確保するために、人間をどうしつけるか」ひょっとしてうちの猫も?(ちくま文庫:紹介文より)


 かわいらしい本!

 飼い猫の語る処世術。わが国で有名なあの名前のない猫よりはかわいげがあるものの、それでも人間に対してのシニカルな視線を持っています。

 その自身たっぷりで誇り高い書きっぷりに思わずニコニコしてしまいます。でも、たぶんこの子は、自分の過去を自分でも気づかずに修正して語っているんだと思います。拾われたときなんかも本当はもっと臆病で不安だったはずです。でも、また、そういう強気なところがかわいいじゃないですか。猫と女性はよく似ていると本猫も仰っておられます。

 僕の家は犬を昔飼っていました。種類は違うながらも、猫ちゃんの描く飼い主たちの行動や生態に、「うわっ、これ俺じゃん」と思ってしまいました。ペットを飼ったことのある経験がある人は誰しもそう思うんじゃないかなあ。そういう人間観察の妙もこの本の読みどころです。

 最後に載ってる写真がかわいらしいのなんのって。
 扉絵の著者近影と著者紹介(もちろんポール・ギャリコではなくて、これを書いた猫のですよ)を見た瞬間、レジに走りました。

 動物が好きな人にはたまらない本です。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]