忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いや、マジで・・・・・・ゴメンなさい 『ロッキー・ホラー・ショー』

  ブラッドとジャネットのカップルは、婚約したことを恩師に報告すべく郊外へ車を走らせるが、途中雷雨で道に迷い、ある古城へとたどりつく。しかし、そこではモンスターのごとき面々によるパーティの真っ最中であった…。

 人には理解できない映画というものが存在する・・・・・・。そして、この映画がまさにそれでした。

 結婚した幸福そうなカップルが古城に迷い込むと、そこにいたのはガーター姿のお兄さんでした。うーん?
 トランスセクシャル星から来たというそのおっさんは、美男子の人造人間「ロッキー」を造り出し、会場に集まった人々に披露し、結婚式を挙行します・・・・・・。うーん?
 カップルはそれぞれ別々の寝室で就寝することになり、そこに先ほどのガーター姿のお兄さんが夜這いに来ます。いやよ、いやよも好きのうち。女性の方だけでなく、男性の方までヤられてしまいます。しかも、けっこう気持ちよさそうに。うーん?
 いろいろあって、結局みんなで楽しくヤってしまいますが、最終的にガーターのお兄さんが殺されジ・エンド。うーん?

 うーん?うーん?うーん?と始終クビをひねりっぱなし、心の琴線に響いてくるものがない。やろうとしていることはわかるけど・・・・・・。
 きっと、当時はアングラな演劇がはやってたのかなあとか。参加型の映画なので、一人で見てはいけないのかとか。突っ込みは自分でやらなきゃいけないのかな?とか。「あなたを受け入れようと、努力はしたのよ・・・・・・。でも、あなたって、いつも想いもかけない行動とるから・・・・・・。わたし、やっぱり、ついていけないっ!サヨナラッ!」。例えて言えばこういう心境でした。

 カルトな人気のある映画だそうです。けれど、映画に謝りたくなるほど、僕には理解不能でした。ほんっと、すみませんでした・・・・・・。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]