忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ねえ、忘れたの? 『ペイチェック 消された記憶』

  極秘プロジェクトに参加し、その間の記憶を消して多額の報酬を得ていたコンピューター・エンジニアのマイケル。だが約100億円の報酬を得られるはずの大仕事を終えた彼に残されたのは、意味不明なガラクタだけ。しかもガラクタを送りつけたのは自分自身で、さらに何者かに彼は命を狙われていた。一体なぜ? はたして記憶を失った間に、どんな出来事が彼の身に起きたのだろうか!?

 原作はフィリップ・K・ディック。大好きな短篇です。けっこう、原作に忠実でよかった。

 封筒に入っているアイテムを使いつつ、窮地を脱していく。それは、○○を発明したから。最初に提示されたアイテムが役立っていく様子にパズルのピースがはまるような感覚。気持ちいい。

 ジョン・ウー監督ということで、アクション巨篇となっております。やっぱり、爆発だぜ!とばかりにバンバン爆発。き、気持ちいい。カーアクションも決まってて、いいなあ。ただ、同じSFとはいえ『マトリックス』のカーアクションにはかないませんな、やっぱり。あれは、本当に「SFカーアクション」だもの。これは、普通のカーアクションだから。

 ところで、僕はユマ・サーマンがあまり好みではありません。僕だったら、最初のほうに登場した秘書のお姉さんのほうがいいな。ただ、彼女のことは忘れ去ってしまったようですが。主人公もユマ・サーマンとの記憶をすごく失っていますが、これからの二人の関係に齟齬をきたすことはないんでしょうか。「あのとき、あなた、こういったじゃない!」と詰問されそうな気もします。ああ、でも、これは普段の生活でもありえることだから、逆に開き直れそうな気もします。「忘れたものはしょうがねえだろ!」。ああ、こう強気に出れたらいいなあ。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]