忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

字幕がねえ・・・・・・ 『けだもの組合』

 社交界の花形リッテンハウス夫人(マーガレット・デュモン)の邸宅で催される華やかな夜会。今夜の主役はアフリカから帰国したばかりの探検家、スポルティング隊長(グルーチョ・マルクス)。猛獣狩りの名人である彼が狙う獲物は、何とリッテンハウス夫人そのひと!一方、夫人の一人娘アラベラ(リリアン・ロス)は、屋敷に飾られた一枚の名画を、自分の恋人で今はまだ無名の青年画家パーカーの贋作と入れ替え、彼の実力を示そうと計画する。アラベラは、パーティの招待客である色情狂の教授(ハーポ・マルクス)らに頼んで、真贋の交換作戦を実行するが、リッテンハウス家をライバル視するホワイトヘッド夫人(マーガレット・アーヴィング)も、嫌がらせに絵画の入れ替えを企んでいて・・・。

 うーん、字幕がねえ・・・・・・。言語の異なるお国の悲しさ。お粗末な字幕さえなければ、もう少し楽しめたのに。

 特に好きなのがハーポが女の子を追いかけるシーン。馬の写真を出すシーンも大好きだし、スプーン(なのかな?)をひたすらボトボト落とすシーンに爆笑。結局は字幕なしのシーンが一番楽しめた。

 途中のグルーチョとチコの話の脱線も面白かったけれど、やはり、字幕が次の人のセリフまで流してしまうので台無しだし、字体もなんだか読みにくいので嫌いだ。どうにかならなかったのか。

 それにしてもゼッポは目立たないなあ。チコもハーポもグルーチョもそれなりに見せ場があるのに、一人だけ華がない感じ。抜けてしまうのはそのせいなのだろうか。

 洋画における字幕の大切さに気づいた一本でした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]