忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢枕獏『飢狼伝Ⅰ』

6年前、東洋プロレスの梶原年雄に敗れ、自らの肉体を鍛え続ける丹波文七と竹宮流・泉宗一郎の野試合は凄絶をきわめた。文七の名は立会人・姫川勉の口から北辰空手総師・松尾象山の耳にも届く。子犬のようにつきまとう少年・久保涼二をつれ、文七は東京へ。目指すは梶原!格闘小説の金字塔第一弾。


 血がたぎる!

 男は誰もが強さに憧れる・・・・・・。
 プロレスのようなエンターテイメントショーでもなく、キックやボクシングのようなスポーツではない。ただ、どちらが強いのか、それを競うだけ。闘う男たちの身を切るような緊張感は、場合によっては命すら失いかけない状況の中から生まれ出、短く骨太な文章によって僕の脳髄に叩き込まれる。

 ただただ面白い。

 真に最強の格闘技とはなにか?空手をやっていた一人の青年がプロレスの道場で敗れ、ただただ強さをのみ追い求めていくようになっていく。純粋な夢追い人の物語。そして、それにつられるように動きだす空手会の巨人、プロレスラーたち。

 添え物のようなアクションではなく、アクションそのものを描く。肉体の挙動が格闘シーンでは細かく描かれ、痛み、衝撃、興奮が余すところなく表出する。だからこそ、血沸き肉踊る。勝負の行方よりも、格闘者と同じく今この瞬間の生を感じる。エネルギーに満ちた物語だ。

 梶原との勝負は結局、つかずじまいで終わる。けれど、この先、彼とは決着をつけないわけにはいかなくなるだろう。次巻が楽しみでしかたがない!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]