忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

網野善彦「歴史を考えるヒント」(新潮文庫)

日本、百姓、金融……。歴史の中で出会う言葉に、現代の意味を押しつけていませんか。「国名」は誰が決めたのか。「百姓=農民」という誤解。そして、聖なる「金融」が俗なるものへと堕ちた理由。これらの語義を知ったとき、あなたが見慣れた歴史の、日本の、世界の風景が一変する。みんなが知りたくて、誰も教えてくれなかった日本史を、中世史の大家が易しく語り直す。日本像を塗り替える名著。


 百姓とは農民だけを示す語ではない。
 意外や意外。

 帯には宮崎駿監督の「教科書で習った歴史とだいぶ違いますね」という推薦文。
 「新潮選書売上部数第一位」の文字。私、数字や権威には弱いので思わず買いましたとも。

 言葉を通じて歴史を掘り起こす。「日本」とは中国を意識した国号だとか、九州の呼称はいつから定着したのかとか(九州在住なもので興味津々)、知らないことを知るというのはやはり快感。

 被差別民がかつては逆に畏怖される存在だったなど、いろいろと考えさせられることの多い本でした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]