忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海外古典を読む② ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』

img214.jpg ある昼下がりのこと、チョッキを着た白ウサギを追いかけて大きな穴にとびこむとそこには・・・・・・。アリスがたどる奇妙で不思議な冒険の物語は、作者キャロルが幼い三姉妹と出かけたピクニックで、次女のアリス・リデルにせがまれて即興的に作ったお話でした。1865年にイギリスで刊行されて以来、世界中で親しまれている傑作ファンタジーを金子國義のカラー挿画でお届けするオリジナル版。

 なかなか面白かったです。

 でも、翻訳って難しいんだなあっていうことがよくわかります。特に「イセエビのダンス」の章は訳者の苦心のほどが見えます。グリフォンのセリフ。

 「なんならもっと教えてやれるぜ。タラってどうして魚へんに雪って書くかわかるか?」

原文の英語はどのような感じなのでしょうか。気になります。解説ではそういうことを書いてほしかったですね。物語の成立年代やどのように人々に愛されてきたか、とか普通の解説が読みたかったです。そういうのを嫌ってこういう形にしたのでしょうけれど。挿画ももっとポップなほうが好みでした。

 物語にはナンセンスなギャグなんかが詰め込まれていて、楽しめます。ファンタジイ的な自由な発想や異常な事態も楽しいです。アリスが大きくなったり、小さくなったりするおなじみの場面はもちろん、チェシャ猫の消滅とかいろんな生き物と喋れたりなどのシチュエーションがよかったです。

 続編の『鏡の国のアリス』もさっそく読んでみたいと思います。「ボロゴーヴはミムジイ」はそっちのほうに出てくるのかな?
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]