忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガンダム必殺のクロスカウンター 島本和彦『あしたのガンダム』

 今日は島本和彦の『炎の筆魂』に収録されている『あしたのガンダム』です。題名からわかる通り、あの名作『あしたのジョー』と『機動戦士ガンダム』を(むりやり)足して二で割った感じのパロディ漫画です。作者は『吼えろペン』の島本和彦。

 その一ページ目、『あしたのガンダム』という題字と真っ白に燃え尽きたガンダムの姿(有名な『あしたのジョー』の最終頁の構図)。
 ザクがスペースコロニーに攻めてきます。てくてくと往来を歩くアムロの前に現れるザク。そのザクにアムロは喧嘩を売ります

 どきな 銀座の大通りじゃねェんだ てめえらみてえに横につらなってあるいたんじゃあー とおれるものもとおれねえや!

 ガラが悪いアムロくん。そして、普通にザクにビーム砲で撃たれます。転がったところに偶然新型モビルスーツのマニュアルが・・・・・・。アムロは「おれあ もうかんぜんに頭にきちまってるんだ」と言いながらガンダムに乗り込み、ザクと殴りあい、倒します。そして、アムロはホワイトベースに収容されました。
 アムロくんを迎える少年少女たち。

 「きた・・・・・・。」「ひひひ・・・・・・。」「おいきたぜ あたらしいお客さんがよ」(ジョーが少年刑務所に収監されるときのシーン)

 唐突にガンダムが大気圏に突入するシーン。摩擦熱で気温が上がりすぎ、余りの暑さにガンダムシールドのスイッチを入れようとするアムロ。しかし、スイッチはがんじがらめに縛り付けてあったのです(『あしたのジョー』で減量のために水道の蛇口が縛り付けてあるシーンがある)。実はセーラさんが縛り付けていたのですが。
 話はいろいろあって、マチルダさんがホワイトベースにやってきます。なぜ戦争をやっているのか問われたアムロはこう答えます。

 マチルダさんの青春を謳歌するってこととちょっとちがうかもしれないが ミサイルをうけた瞬間はまぶしいほどまっかに燃えあがるんだ
 そしてあとにはまっ黒な残がいがのこる・・・ もえかすだってたくさんのこる・・・ まっ黒なざんがいだ わかるかいマチルダさん(もちろん林屋ののりちゃんとの会話のシーンのパロディ)

 で、もちろんマチルダさんは死にます。力石が死んだときのジョーのようなアムロの悲しみよう。マチルダさあん・・・。そして物語は終わり、次回の予告へ。ハリマオの空中回転パンチをアムロが地面に叩きつけているところで終わります。(もちろん続編なぞありません)

 『あしたのジョー』と『機動戦士ガンダム』。この二つを鑑賞していれば楽しめること間違いありません。国民的漫画と国民的アニメのコラボレーションは非常に局地的なギャグにはなってしまいましたが、それだけにファンにはたまらないと思います。

 君は生きのびることができたら あしたはどっちだ!?
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]