忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下ネタと萌えの競演 氏家ト全『女子大生家庭教師濱中アイ』

b48979f3.jpg 本日は『週刊少年マガジン』で新連載も始まった氏家ト全先生の『女子大生家庭教師濱中アイ』。2003-2006『週刊少年マガジン』連載。AVみたいなタイトルですが、メジャー少年誌に連載されました。

 普通の現代っ子小久保マサヒコの元に家庭教師がやってきた。その名は濱中アイ。彼女は女子高育ちで男性と交際経験がなく、相談相手の家庭教師仲間(中村リョーコ)の入れ知恵で、「思春期の男の子はエロのみによって生きる」ということを吹き込まれエロによる教育指導を実践しようとしていた。半天然ボケの濱中と確信犯の中村が繰り出す下ネタの嵐。そこに幼なじみの天野ミサキ、クラスメートの若田部アヤナ、的山リンコなどを巻き込んで行われる萌えと下ネタの競演

 濱中アイの夢は「出演料をもらう方」ではなく、「給料をもらう方」の教師。教え子の小久保マサヒコと共に彼女も家庭教師生活を経て成長していきます(エロネタが)。マサヒコの中学生活の三年間をきっちり描ききって連載が終了し、非常にすっきりとスマートにまとまっていて安心して読める内容になっております。
 まあ、少なくとも大人に読ませる分にしてはと限定付きですが。縦笛を咥えて吹く少女や、バレンタインにガラナチョコをプレゼントしようとしたり、便器にはまった濱中が「このまま抜け出せなかったら私・・・公衆便所になっちゃうよ~」と発言したり、バイブレーターでダンシングてるてるぼうずを作ったり、子どもがわかるとは思えません。そして、確実に間違った方向へ彼らを導くような気がします。
 まあ、それはそれでいいとして(←いいのかよ)、このマンガは下ネタだけではありません。いわゆる「萌え」も装備しています。
 例えば人気投票第一位に輝いた天野ミサキ。彼女はマサヒコの隣家の幼なじみにして委員長。幼い頃に結婚の約束をしていたり、押さえるべきところを確実に押さえております。他にもアヤナのツンデレぶりや、リンコの天然ぶりなど、女子の可愛い部分を堪能できます。
 下ネタの「エロ」の部分と、萌えの「カワイイ」の部分を足せば、もしかしたら今流行の「エロカワイイ」と感じるかもしれません(←強引)。ですので、若い女性にオススメ(は絶対にしません)。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]