忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偉大なる擬音の発明 安永航一郎『巨乳ハンター』

06ff94b5.jpg 『巨乳ハンター』は平成元年から、平成二年にかけて、少年サンデーやサンデー増刊号に不定期連載されたギャグマンガです。少年誌にふさわしくない題名ですが、実写でビデオ化されたときにはレンタルビデオ店で当然のごとく18禁コーナーに置いてあったそうです。しかし、このマンガにいやらしさはまったくありません。むしろ、爽快感さえ感じてしまうくらいの突きぬけっぷり。単行本は右乳篇左乳篇の全二巻です。

 貧乳であることを理由に交際を断られた恭塚まさ子は巨乳に憎悪を抱き、夜な夜な巨乳の女性を襲ってはパイ拓をとる巨乳ハンターになります。奇妙なサングラスに被り物、手縫いの衣装の大きく膨らんだ胸の部分には「D-CUP」の文字。ちなみに実際は貧乳なので胸の部分は肉まんや、スイカなどで水増ししています。登場時には「ひゅーほほほほ」という笑い声と共に、「巨乳ーうハンタァァー!」と叫びます。そして、毎回、巨乳の強敵と死闘を繰り広げます。その題材はいずれも有名作品をパロってますが、2006年現在、そのほとんどは風化してしまっています。

 巨乳皇帝(バストエンペラー)→映画「ラストエンペラー」
 巨ブラ→寺沢武一「コブラ」
 ボインはV→「サインはV」
 バスト☆キッド→映画「ベストキッド」
 大霊パイ→映画「大霊界」
 D-CUP HIGHSCHOOL→きうちかずひろ「BE-BOP HIGHSCHOOL」
 ロボカップ2→映画「ロボコップ2」
 ぐらま天狗→鞍馬天狗
 西部パイ拓史→映画「西部開拓史」
 妖パイハンター→諸星大二郎「妖怪ハンター」

 よくこんなに思いつくもんだと今書いてて思いました。個人的に好きなのは「大霊パイ」。本棚の下敷きになって死んでしまったまさ子さんは貧乳ゆえに地獄行きという不条理な目にあってしまいます。地獄でも貧乳は被差別者。怒ったまさ子さんは巨乳ハンターに変身。地獄をペレストロイカしようとする・・・。こういった話です。あと、「西部パイ拓史」に出てくるバストラーデ(西武ライオンズ黄金時代の助っ人デストラーデ)の話も大好きです。
 さて、ネタはほとんど風化しかけているこのマンガですが、現代に残した素晴らしい遺産があります。それは擬音です。巨乳の敵キャラが登場するときの擬音は「どぷり~ん」。『GS美神極楽大作戦!』で有名な椎名高志先生はこの擬音が大好きらしくいたるところで使っています。そして、現在少年サンデー連載中の『絶対可憐チルドレン』でも、明石薫の姉と母、二人の巨乳キャラが登場したとき、「どぷりんっ」「どぷりりんっ」とその胸の大きさを強調するようにあの擬音が使われたのでした。私は思わず感涙にむせびました(←嘘)。
 「ひゅーほほほほ」と「どぷり~ん」。この二つの擬音を生み出したこの作品はマンガ史上における重要な作品であると思います(おおげさ)。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]