忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

井上ひさし「黄金の騎士団(下)」(講談社文庫)

実は、早老症の天才少年を核とする少年だけの投資家集団だった“黄金の騎士団”。彼らの目的は、莫大な資金を元に、子どもが自治するユートピアをつくることだった。ところが、シカゴ市場で快進撃を続ける“騎士団”の前に、世界的な大財閥オッペンハイマー家の総帥が立ちはだかる。未完の痛快経済小説!






 ただ子供が大人にも匹敵している能力を有しているだけではない。ただのお金もうけじゃない。
 子どもの国の理想のため、黄金の騎士団は奇跡を起こす。スペインのベンポスタ、アメリカの「少年の町」。子どもが食い扶持を自分で稼ぎ、教育を受けられるような施設をつくる。
 そこに人種差別的な金稼ぎ集団のオッペンハイマーが政治家と結託し、子供たちの夢を潰そうとして、さまざまな介入をしてくる。

 早老症の文夫の死。彼のトレンドグラフが株の動向を示しているところには、驚いたし、感動もしました。人が命を賭してなにかをやるときには、奇跡が起こると信じたい。

 そして、一発逆転のパーティー計画。僕はこの小説を読んで初めて政治家のパーティーの構造がわかりました。一流の演出家と無名の若手を総動員して、政治家の不正を暴き出す計画が動き出したところで、作者の健康上の理由等もあって連載は中断。そのまま未完となってしまったようです。

 それにも関わらず、この物語は美しいし、面白い。
 子どもたちの大逆転が見られないのは残念ですが、やさしいエンターテイメントでした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]