忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

井上ひさし「黄金の騎士団(上)」(講談社文庫)

地上げの脅威に晒される、四谷の孤児院「若葉ホーム」。肩を寄せ合って暮らす6人の少年たちの元に、ある時から“黄金の騎士団”と名乗る謎の人物名義の生活資金が届けられる。認知症で徘徊癖のある院長先生に代わって、目付け役になったホームのOB外堀公一は、“騎士団”の驚くべき正体を突き止める!?

 とっても楽しい。





 冒頭。語り手はワールドランド社の新入社員研修に出ている。島で行われる行軍・・・。
 モーレツというかなんというか。会社第一主義で今ならブラック企業認定間違いなし。語り手外堀公一は早い段階でこの研修を抜け出し、会社を辞めますが、勤め続けていたら過酷そうな職場です。

 孤児院の養父・養母が健康でなくなり、孤児六人のホームの後見役となった公一。彼も孤児であり、拾ったのは四谷新道通りの畳屋の若旦那で野球チームの捕手・・・。たぶん、「ナイン」を読んだことがある人は、これは英夫くんなのでは・・・と思い浮かぶのではないでしょうか。おなじみの東京下町で地上げ屋との戦いか?と思いましたが、ほとんででてきませんね。ちょっと拍子抜け。

 しかし、ホームに資金を届けてくれる謎の組織「黄金の騎士団」の登場。上巻の焦点はここにあてられています。子どもたちの利発さ(なにしろIQがものすごい子が三人もそろっているし)、自立心というものが心地よく、大人になった今でも人に頼りがちな僕は反省してしまいます。子どもたちが作った保険組合の説明も楽しく、黄金の騎士団の正体と共に、面白い経済小説となっています。後半、早老症の少年の話で物語に重みが加わり、先物取引の世界へいっきにストーリーは飛び込んでいきます。黄金の騎士団の活躍、次巻は如何に?
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]