忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

村上春樹「レキシントンの幽霊」(文春文庫)

古い屋敷で留守番をする「僕」がある夜見た、いや見なかったものは何だったのか?椎の木の根元から突然現われた緑色の獣のかわいそうな運命。「氷男」と結婚した女は、なぜ南極などへ行こうとしたのか…。次々に繰り広げられる不思議な世界。楽しく、そして底無しの怖さを秘めた七つの短編を収録。



 短編集。収録作「レキシントンの幽霊」「緑色の獣」「沈黙」「氷男」「トニー滝谷」「七番目の男」「めくらやなぎと、眠る女」

 いい・・・。

 表題作を代表として怪談話めいた話もあり、多くに「怖さ」というものが表現されていた。
 愛した人を失う怖さ(「トニー滝谷」)、人に信じられなくなる怖さ(「沈黙」)、わけのわからない存在への怖さ(「緑色の獣」)・・・。

 総じて孤独な主人公たち。日常に違和感なく溶け込む非日常、超自然。でも、それを違和感なく読ませてしまう、実在としてすんなり受け取れる、世界がそこにある。小説家の力というものを読んでいて感じた。

 そして、恐怖を克服するところには「癒し」がある。
 この本は癒される作品群だった。

 どれも好きな作品だったけれど、「レキシントンの幽霊」「めくらやなぎと、眠る女」がお気に入り。「トニー滝谷」もよかった。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]