忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(194) フィリップ・ホセ・ファーマー『恋人たち』

img128.jpg 大きな茶色の瞳、赤くふくよかな唇、そして魅力的な声―――地球から40光年あまり離れた惑星オザゲンの調査におもむいたハル・ヤロウはそこで地球人そっくりの美しい娘ジャネットと恋におちた。だが、前回の調査ではこの惑星には昆虫生物ウォグしかいないはずだった。彼女はすでに絶滅したはずのヒューマノイド型生物の生き残りなのか、それとも・・・・・・?厳格で禁欲的な社会に育った青年と異星人との禁断の恋を描く傑作

 うーん、面白かった。

 性的なことを描いて、アメリカSFに衝撃を与えた作品だそうです。途中のジャネットとハルの関係に、あー甘いなあとか思いながら読んでいたら、衝撃のラストに驚愕!震えました。ある意味、残酷なのだけれど、愛情の深さというものがその悲劇性の中でより表現されていてよかったです。

 地球上を支配する宗教の様子も面白かったです。こういう厳格化した世界というのは恐怖感があるのだけれど、読んでいて面白いです。また、人びとの生活の様子もいいです。人口過剰の世界で巨大建築物の中で生活する人びと。昼間働く人と夜中働く人それぞれが同じ部屋を違う時間帯で使うっていうのが、なんだかすごーく嫌な感じ。この世界は嫌だなあ。

 異星生物で面白かったのは、お酒を造る生物だとか、死体を食らう虫だとか、すこしグロテスクだけれどくすりと笑ってしまうユーモアがあって、楽しかった。そして、なんといってもジャネットです。虫とまぐわうという気持ち悪さと、愛や恋といったロマンチシズムが交じり合って、実に奇妙な感じが心を覆います。愛は種族を超えたんだねえ。ただ、恋人が卵を産むのは勘弁してほしか~。

 ちょっと衝撃度の高い作品でした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

生理的に…

  • by おおぎょるたこ
  • URL
  • 2007/06/03(Sun)23:40
  • Edit
 いやいや,この表紙は,よく物語を表していると思いますな。女性の何ともいえぬ気味悪さがありまして…。私もSF読みではありますが,昆虫型の生物との恋愛?は流石に厳しいものがありますなあ。
 ファーマーは,リバーワールドシリーズをBOOKOFFで以前に買いましたが,まだ読めてません。面白いらしいんですが。

性と宗教

  • by A・T
  • 2007/06/04(Mon)21:36
  • Edit
 僕も先日ブック・オフにてハヤカワSF文庫を五六冊まとめ買いしました。ファーマーは今、『太陽神降臨』という代物を読んでいます。これも性と宗教がテーマです。でも、相手が昆虫じゃなくてよかった!
 リバーワールドは解説でも触れられていますが、ヒューゴー賞受賞作らしいですね。面白そうです。

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]