忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(81) ロジャー・ゼラズニイ『わが名はコンラッド』

ffb0d1e0.jpg コンラッドと名乗るその男の過去は謎に包まれていた。だが、彼こそは数世紀にわたる異星人支配者との戦いの歴史に、いくたびか異なる名でその偉業を刻みつけてきた地球の英雄。そして今、密命を帯びた異星人の到来によって迎える危機を前に、再び不死の人コンラッドは立ちあがるが・・・・・・。陽光の下をサテュロスの群れが闊歩し、闇をぬって血をすする妖怪やテッサリアの黒獣が跳梁する世界―――全面戦争後の変わり果てた地球を舞台に、絢爛と繰り広げられるSF未来叙事詩。久々の大型新人として60年代SF界を席巻したゼラズニイのヒューゴー賞に輝く長篇第一作遂に登場!

 面白いけどね・・・。なんだか、小説の造りが散漫のように思えるし、テーマ的な深さというか、物語全体を包む雰囲気というか、「凄み」はない。ヒューゴー賞受賞作品だから、期待しすぎたのかもしれないですが。

 人食い人種の登場とか、そういうのが、いかにも大衆小説的に使い古されたパターンであったりするのが、どうにもうざったくてしようがない。まあ、そもそも神話を利用して描かれた物語なのですから、物語自体が、過去の借り物にならざるのをえないのでしょうが・・・・・・。

 それでも、(みえみえでしたが)巨大犬が救出にやってくるところなんかは、楽しかったし、決闘のシーンもなかなかよかった。放射能で変異した生物たちの様子も好きだし・・・・・・。断片的には楽しめたのですが、やはり、それが一つの作品としてみると、やっぱり、つながりのまずさを感じてしまいます。そして、ご都合主義的な展開や、最後も「それでいいのか?」と思います。
 それから、ギリシア神話についても無知なので、「ソフィスティケイト」された会話にもついていけませんでした。しかし、それにしても、ニューウェーブと呼ばれる人たちの文章は理解するのに頭を使う・・・・・・。

 まあ、いろいろ文句は言いましたが、それも「ヒューゴー賞受賞作」という点について首をひねるだけで、作品そのものを見れば、なかなか楽しい作品でした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]