忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(89) アーサー・C・クラーク『イルカの島』

52514890.jpg 密航したホヴァーシップが沈み、ただひとり海上にとり残された家出少年のジョニー。彼を救ったのは、なんと一群のイルカたちだった。彼らに運ばれていった先の孤島では、科学者たちがイルカの研究のために暮らしていた。しかも、所長はイルカ語を解し、このイルカたちも人間と意思を通わせることができたのだ!名匠が、大海原の神秘と景観をあますところなく描いた海洋SFの傑作。




清く正しいジュブナイル。そのオーソドックス感が、ディッシュの作品を読んだ後では、いい息抜きになりました。家出→試練→成長という、もうわかりきった展開なのですが、逆にそれが余計なことに頭をまわさないでいい感じ。

 オーストラリア、グレートバリア・リーフの美しい珊瑚礁の描写だったり、村人の牧歌的な生活であったり、南の島の楽園の姿を描かれていて、寒さに身を震わせているこの季節、羨ましすぎてたまりません。僕は夏が大好きなので。強い日差し、汗ばむ陽気が懐かしい・・・・・・。

 知性を持つ海洋生物、といえば、クラーク自身の短篇に、「知性を持った巨大イカ」という冗談みたいな作品がありました。イルカの場合は、その頭のよさが科学者によって言われていましたから、あまり違和感は感じませんけど。

 心の汚れた大人に、この物語はしみじみと響きました。心にぽっと灯がともるような暖かい作品。    

 アーサー・C・クラーク作品感想
 『幼年期の終り』
 『イルカの島』
 『海底牧場』
 『宇宙のランデブー』
 『2001年宇宙の旅』
 『2010年宇宙の旅』
 『2061年宇宙の旅』
 『3001年終局への旅』
 『神の鉄槌』
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]