忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(90) 安部公房『人間そっくり』

5529dda2.jpg 《こんにちは火星人》というラジオ番組の脚本家のところに、火星人と自称する男がやってくる。はたしてたんなる気違いなのか、それとも火星人そっくりの人間か、あるいは人間そっくりの火星人なのか?火星の土地を斡旋したり、男をモデルにした小説を書けとすすめたり、変転する男の弁舌にふりまわされ、脚本家はしだいに自分が何かわからなくなってゆく・・・・・・。異色のSF長篇。

 うーん、面白い。今日の「うーん」は賛嘆のため息。地力のある小説家の書くものはやはり一味違うなあ。

 弁舌巧みな男に振り回される「ぼく」。より怖いのは狂った人間より、狂っているのかどうか、判断しにくい人間だというのに、改めて気づかされた。狂っている人間には、対処すべき方法はわかっている。無視するか、常に警戒を怠らないようにすればいい。しかし、それが判別できない人間に対して、どういった対応をとればいいか、我々は行動のパターンを持たない。ただ、不気味さにおののくだけである。この「男」は怖い。精神病(らしい)のに、さらに刃物まで持ってしまう。まさに、○○に刃物である。

 どこからどうみても、人間であるのに、自分が火星人であることを主張する男。そして、位相幾何学を持ち出してみせて、なにがなにやらわからないままに、主人公を混乱させていく。人間そっくりの火星人であるのか、火星人そっくりの人間であるのか。自らの存在の不確かさを、主人公「ぼく」は露呈していく。その過程がいかにも面白く、また、密室の台詞劇、二人の掛け合いが、たまらなくリズミカルだ。

 結局、男の正体は明確にはされない。病院「らしきところ」に収容された「ぼく」は自らが、人間であるのか火星人であるのか、医者の質問に対して明言を避ける。「歪んだ鏡に歪んだ像が映る」。はたして、彼らが歪んでいたのか、それとも自分が歪んでいるのか、それとも・・・・・・?どれに対しても確証を示さないまま終わってしまう物語だが、消化不良感はまったくない。なぜなら、面白さは真実がわからないことそのものにあるからだ。

 SF小説というよりは、SFという技法を使った純文学という気もします。当惑、疑惑、不信、恐怖・・・・・・。瓦解していく現実に、妙な浮遊感を覚える面白い作品です。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]