忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(210) 笠井潔編著『SFとは何か』

 ●SF論の枠組みを解体し、文学の流れの中に捉え直す●
 SF(サイエンス・フィクション)は、あらゆるジャンルに拡大し、一つの文学ジャンル/ムーブメントといった範疇を超えつつある。このような時代状況を受けて、従来の分類・体系化といった方法を廃し、SFをまず一つの小説としてみつめ直す。さらにその発生/展開史に立ち返り、セルバンテスに始まる近代文学の多様な成果の中に、SFの試みを位置づける斬新な試み。

 と、いうことだそうですが、まあ体系的に捉えるには少し難しい本でした。最初の方の聖俗の分離というところが感覚的によくわからなかったのが尾を引いて、最後もうーん?という感じでした。

 文学の流れの中に~と書かれている割には、主流文学との関わりもそんなに書かれていなかったし、SFがどういう価値付けをされていたのかが知りたい僕には少し不満でした。あと、日本SFにはまったく触れられていませんし。

 この本は素人向けというよりも、オールディスらのSF内部でのSFの体系づけに対して現われた本なのでしょうか?そういう意味では、それらの本を読んでから、読み返すことが一番正しいのかもしれません。読者の読みたいものと、作者が書きたいものが食い違ったわけです。というわけで、一番悪いのは素人ながらにこういう本に手を出そうと思った自分ですね。

 それでも読みたいと思った本はたくさんあったから、いいガイドではあったと思います。並べてみると、チャペック「山椒魚戦争」、ステープルドン「オッド・ジョン」、オーウェル「1984年」、バラード「時の声」、オールディス「グレイベアド」、ゼラズニイ「ドリーム・マスター」、ディレイニー「アインシュタイン交点」、レム「エデン」などなど。

 ちょっと素人には難しい本でした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]