忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(162) 『S‐Fマガジン』1963年10月号

img097.jpg

1963年10月号


草下英明『スペース・ファンサイクロペディア 最終回 太陽の奇説』

 
太陽黒点が増えると不景気になる、という説が面白い。

光瀬龍『ソロモン1942年』

 
巨大な積乱雲を浮かべた南海の大空に、いま一機のグラマンとゼロ戦が決戦の時を迎えていた。そしてシティでは・・・・・・。

 よくわからなかったけど、なんだか途中のテレパシー能力の中継所みたいなところがでてきて好き。

ヘンリイ・カットナー『第三のドア』

 物語とちがって、現実の悪魔は魂などほしがらなかった。お前の肉が食いたい、というのだ。もし、彼が第三のドアを開けたなら・・・・・・。

 なかなか面白かった。最後のオチはちょっとむりやりかなあと思った。あまり自然な流れではない。けど、現代的でクールなところがいい。

平井和正『殺す男』

 チャンプは格闘技界最強の男だった。最強であるがゆえに・・・・・・。

 バイオレンス。とことん、血に飢えてますね、平井さん。これも踏みにじられるものの怒りが爆発っていう感じ。

大伴秀司『SFを創る人々 その5 光瀬龍氏』

 「小学校一九三三年」という風に、光瀬氏の作品風に年代記が記されています。

日下実男『海洋物語』

 9 新しい海の舞台。海底へ潜ります。

SF DETECTOR

 『イルカ放送』ちょっと読んでみたい。ほかに川端康成の『片腕』が取り上げられている。

マレイ・ラインスター『破滅が来る!』

 いま、漆黒の夜空の一隅に、それははっきり見えた。一千億個の恒星の渦まく大星団、第二の銀河が死と破滅とを携えてくる姿だ!

 略奪者と対決する様子がよかったです。戦争好きなもので(現実の戦争は嫌いですが)。最後の理論はよくわからなかった。

手塚治虫『SFファンシー・フリー 第六話 七日目』

 なんか、よくわかんなかった。

さいえんす・とぴっくす

 道路を背負った車登場。道路を自分で運んで、道のないところも走れるという車。なんか、おかしい。

野田宏一郎『SF英雄群像②ジョン・カーター エドガー・ライス・バロウズ作』

 一作だけ読んだことあるけど、あまり好きな部類ではなかったなあ。紹介文読むと、面白そうなんですが。

小松左京『影が重なる時』

 T市で、自らの姿を見る人が続出していた。幽霊のようなそれは、こちらにまったく気づいてくれないのだが・・・・・・。

 不謹慎ですが、こういう警句的なラストは好きなので。でも、本人しか見えないのはなぜだろう?

アーサー・C・クラーク『おお地球よ』

 父親が来るまで息子を連れて行った理由とは・・・・・・。

 これも上の作とつながるような作品。ぽっかりと浮かぶ地球の姿が、眼前に浮かぶようで、好きな作品です。

半村良『SFふぁんたじあ』

 『マッチ売り』『うらしま』の二篇。徹底的に安っぽく演出しているのが、やや受け。

A・カザンツェフ『宇宙からの客が地球のドアを叩いている』

 よくわかんない。

アナトリイ・ドニェプロフ『私が消えた』

 自殺を試みた男は、科学者に囚われて、経済のモデルケースにさせられる。

 安部公房の『R62号の発明』に似たものを感じました。資本主義を風刺しているそうですが、いまいちよくわかりません。男女の関係が発展していくところが面白く感じました。

エドモンド・ハミルトン『時果つるところ』

 今号も面白かった。

 総評:えーっと、特に感想ありません。人気カウンターの順位は①時果つるところ②死都③虚像④卑弥呼⑤不適格だそうです。眠い。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]