忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(168) 『S‐Fマガジン』1964年3月号

img104.jpg

1964年3月号


野田宏一郎『SF英雄群像⑥キムボール・キニスン エドワード・E・スミス作』

 レンズマンシリーズ。古本屋で目にはするものの、手をのばすのに躊躇しています。

小松左京『自然の呼ぶ声』

 不可解な殺人事件があいついで起った。しかも犠牲者はかならずF類で、M類は一人もいなかった!未来社会を深奥から呼ぶ声は?

 なかなか面白かった。こういった未来社会の男女の姿は好き。ジェンダーの作家のものは苦手ですが。

ポール・アンダースン『シルチスの決闘』

 禁じられた火星人狩りをやろうとリアダンはやってきた。クリーガは周囲の自然の助けを借りて逃げ延びることはできるか?

 なんだかリアダンの考え方が不快なんですが、侵略の歴史をイメージして描いているのだと思われます。逃亡はドキドキ。

広瀬正『異聞風来山人』

 クリーニング屋の常吉が古文書をもって作家の私のもとへやってきた。どうやら、平賀源内に関係あるもののようだ。

 タイム・トラベルもの。広瀬正初登場です。東都書房のSFシリーズで、『マイナス・ゼロ』を準備中とのこと。

フィリップ・ホセ・ファーマー『進めや進め!』

 果てしなく波浪の重なり合う大海原を、三隻の帆船が西を目指していた。コロンブスの指揮する探検隊である。

 オカルト科学の考え方を導入した愉快な一品。ばかばかしいラストもよかった。

ジョン・ウインダム『時間錯誤』

 街で声をかけられた私は彼に知らない女性のことを尋ねられる。しかも、爵位などもっていないのに、名前に称号すらつけられるのだ。

 敬愛するウインダム氏の作品としては、普通でしたが、やっぱり彼の小説中の恋愛はロマンチックでよろしいです。女性の「お試し期間」っていう言い方が現代的でおかしい。

手塚治虫『SFファンシーフリー 最終回 昨日と明日の私』

 時間もの。フツーのできです。どうしたのか、セリフや吹き出しが手書きなのですが。時間なかったのかな。

さいえんす・とぴっくす

 編みものは電子で(英)これはタオル工場とかで、現在使われている技術じゃないですかねえ。

アーサー・C・クラーク『未来のプロフィル』

 第五章 時間について 

SF DETECTOR

 大江健三郎『空の怪物アグィー』ちょっと読んでみたい。小松左京との対談も行っている。

星新一『夢魔の標的』

 とばしました。

ピーター・カーター『もや』

 亡霊が出る屋敷にぜひ亡霊を見てみたいという男がやってきた。

 びみょー。

グレプ・アンフィロフ『私と私でない私』

 実験を禁止された私は、所長に無断で実験を行う。私のコピーを作り出す実験なのだ。

 うーん、もう少し哲学的な作品にもできそうだけれど。最後のはでもちょっとこわいかなあ。

伊藤典夫『マガジン走査線』

 ファンタジイSFの特集。ロバート・F・ヤング『時に忘れられた家』の紹介。バラードの『スクリーン・ゲーム』の紹介も。

アイザック・アシモフ『夜来る』

 六個の太陽を持つこの世界には、夜がなかった。だが今、五千年に一度起る完全な日没と日蝕が、夜を、闇をもたらそうとしていた!

 えーっと・・・・・・。名作だということですが、僕にはよくわからなかった。どのへんがすごいんでしょうか・・・・・・。面白いのは面白いんですが・・・・・・。

 総評:ベストは小松左京。『夜来る』のすごさはよくわからなかった。
 人気カウンターは①『トラブル・パイル』カットナー②夢魔の標的③『前線基地の人びと』ゲオルギー・グレーウィッチ③『めざめ』ヴォクト⑤『永劫のさすらい』クラーク この号読んでいないので、わからない。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]