忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(31) 『S-Fマガジン』1961年5月号



1961年5月号


アイザック・アシモフ『証拠』

 バイアリイはロボットである-そんな情報がUSロボット社の博士のもとに寄せられた。彼は、本当にロボットなのか?

 これは『われはロボット』収録作の中でも特に好きなものでした。読んだときの状況まで覚えている作品ですから。面白い。

チャド・オリヴァー&チャールズ・ボーモント『終りの始め』

 タイムマシンを発明したクロード・アダムス氏は荒廃した世界に立っていた。

 あらゆるSF的シチュエーションを網羅したパロディ作品。まあまあ、面白い。

岡俊雄『SF映画展望16 1940年代のファンタジイ映画その2』

 『虹を摑む男』見たいなあ。

フレドリック・ブラウン『シリウス0』

 辺境惑星で、商売をしている一家は、新たな惑星を発見する。そこには信じられない光景が・・・・・・。

 うーん、ぴんとこなかった。

福島正実『なべてどの世もことはなし』

 病院に胃の診察に訪れた計介は、閃光を感じる。家に帰ってみると、そこは次元の違うパラレル世界だった。

 うーん、これも微妙な感じ。よくある、という印象はぬぐえない。

日下実男『地球物語(16)』

 失われた大陸のお話。

さいえんす・とぴっくす

 魚がダムのために遡れなくなり、わざわざ魚用のエレベータを作って、海へ泳いでいくというソ連のお話が面白かった。

リー・サットン『みちづれ』

 クウィンシーの脳内には、ある女性の意識が際限なく流れ込んでくる。しかも、彼の意識は逆に彼女の中へと流れ込んでいくのだ。

 最後いい話になるかなあ?と予測しつつ、どん底に落としてくれました。

アイザック・アシモフ『電子怪物ベブ』

 電子ボルトについて語っておられる。

高橋泰邦『宇宙塵』

 隕石の激突は酸素タンクを破壊した。宇宙船船長バンはやがてくる死に必死に抵抗する。

 うーん。やっぱり、海外の作品の中に挟まれてしまうと、日本ものは辛い感じがします。

星新一『闇の眼』

 闇の中、テレパシイを持つ息子を持つ両親は、その苦悩を表現しまいと努力する。

 ラストが『ママだけが知っている』に似てますな。

ダニエル・F・ガロイ『プライアブル』

 人の意識に応じ、動かすことのできるプライアブルという物体の利益をめぐり、連続殺人事件が起こる。乗員七人の中、誰が犯人なのか?

 プライアブルという人の意のままに動く物質(?)を使って行われる連続殺人。これこそSFミステリ特有の異常状態での殺人。サスペンスフルです。

多岐川恭『二十一世紀の夢 宇井氏の整然たる一日』

 推理作家の描く、未来の推理作家。個人の名を借りた制作集団になっています。これは、むしろ漫画家の制作システムに似てます。アイデア担当、プロット担当などがいて、最後は電子頭脳に相談する・・・・・・。なかなか面白い。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]