忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミステリの森に迷う② コナン・ドイル『四つの署名』

img222.jpg ある日、ベーカー街を訪れた若く美しい婦人。父がインドの連隊から帰国したまま消息を断って十年になるが、この数年、きまった日に高価な真珠が送られてくるという・・・・・・。ホームズ達が真珠の所有者を捜し当てた時、無限の富をもつこの男は殺され、そこには「四つの署名」が――インド王族秘蔵の宝石箱をめぐってテムズ河に繰り広げられる追跡劇!ホームズ物語の2作目にあたる長編。

 植民時代の英国の異国ロマン溢れる作品。インドでの暴動の様子や野蛮人の登場など、西洋以外のものに対して下に見ているのは気に障りますが、まあ日本人も同じようなものなので文句は言えないか。当時の英国人にとっては異国は異界だったんでしょうねえ。

 もちろん我らがシャーロック・ホームズの推理も冴え渡ります。それだけでなく、今回も川の上での犯人追跡のスリルまで味わえる冒険つき。コナン・ドイルはやっぱり冒険を描くのが得意な作家なのでしょう。とっても楽しいです。

 あとがきでは「ベーカー街特務隊」という呼称について、Baker Street Irregularsに適訳がないから使ったと書かれていますが、僕は「ベーカー街遊撃隊」という前に読んだときの呼称が気に入っています。特務隊はちょっと古臭いかな。今時、特務ってなかなか使わないですよね?

 ワトスンというのはなかなか愛すべき人物で、ホームズを尊敬し、ホームズにバカにされてもムッとする程度でなかなか度量の広い人物です。さて、この物語はワトスンの恋物語になっているのもミソとなっています。19世紀のプラトニック・ラブを堪能できました。でも、この後、ワトスン博士二回くらい結婚してるはずですが。

 次はストランド誌に連載され、英国にフィーバーを巻き起こす頃の作品を集めた『シャーロック・ホームズの冒険』です。いやあ、読むのが楽しみだ!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]