忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

B級だ! 『サウンド・オブ・サンダー』

 レイ・ブラッドベリの短編集に収録された作品を原作にしたSFパニック・アクション!西暦2055年。6500万年前にタイムトラベルし、恐竜狩りを楽しむというツアーがおこなわれていた。しかし、トラブルによって1.3グラムの何かを過去から持ち帰ってしまった事により、生態系に異常を起こしてしまったのだった。押し寄せる進化の波“タイム・ウェイブ”。1.3グラムの謎を解き、人類は生き延びる事ができるのか!?

 や、安っぽい。これはB級だ!

 あまりのCG合成のまずさに、途中見る気をなくしてしまったのですが、変な生き物が跋扈しだすところは『ジュラシック・パーク』のようで楽しかったです。よくわからないけれど、コウモリみたいに天井にぶら下がってるマントヒヒと恐竜を足して二で割ったような安っぽいデザインの生き物がよかった。

 時間の波が現実の人間やら物に作用して吹っ飛んでしまうのはなぜだろう?とか、なぜ変化が生物に限られて建築物などには作用しないのだろうとか、浮かんでくる疑問は数限りなくあるのですが、それを訊くのは野暮というものでしょうか。とりあえず、なにも考えずに見るぶんには楽しいと思います。考え出すと、「?」マークが際限なく浮かんでくるので。

 過去の改変をとめたのはいいが、それは新たな改変にはなりえないのか?時間の流れが多次元的でなく、一つの世界であるならば、あれ以降の(つまり、必死に時間の改変を消去しようとしていた時点の)人々は消滅してしまったのでは?すると、それはある意味死と同じような状態にあるのでは?エトセトラ・・・・・・。

  とにかく、キャストもストーリーも中途半端。恋愛やらせるなら、ちゃんとやらせりゃいいのに。全体的になんだか、どうも釈然としない。そのへんが、やっぱりどうしようもなくB級SF。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]