忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーシュラ・K・ル=グウィン「影との戦い ゲド戦記1」

久しぶりの更新。

 少年ゲドは、自分に不思議な力がそなわっているのを知り、ローク学院で真の魔法を学ぶ。血気にはやる高慢なゲドは、修業中あやまって死の影を呼びだしてしまい、きびしい試練にのぞむ。(岩波少年文庫:作品紹介より)





 よかった。

 この方の作品を読むと、読んだ後に、ずしりと何かが残る。
 幾つもの教訓を、この作品からも授かった気がする。

 当然、ゲドたちの使う魔法にも魅了されるし、龍との対決などにもワクワクするのだけれど、それ以上にこの年になると、賢者たちの言葉なんかが身にしみる。
 光は闇をつくるとか、行為の結果は悪や善となるとか、そういった普段感じながらも明確には言葉にできないフィーリングがこの物語には形となって刻印されている。

 言葉や真の名を知ること、名づけることは魔法である。
 そして、知識を得ること、それを使うことも魔法である。
 ロークの学院で学ぶゲドの姿に僕はそう思った。現実世界で生きる僕たちが、日々、何かを得るために学ぶ行為も、そうだな、と。

 最後に明かされる影の正体についても、非常に哲学的で、全き人間の姿というものについて、考えさせられた。この物語は人の生き方についての書であり、子どものときに出会えなかったのが残念であると同時に、この年齢で出会った幸運を喜んだ。

 大切に読むべき物語です。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]