忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

巨匠の死

 今朝新聞を読んで、クラークが亡くなったのを知った。
 ヴォネガットが死んだときもショックを受けたが、今回も同様のショックだった。クラークはSFファンには特別の思い入れの発生する作家だと思う。それはクラークの作品が、入門者がSFの戸を叩くときに、必ず現われる古典となっているからだ。『幼年期の終り』は僕にSFのなんたるかを教えてくれた、SFの中のSFだ。キューブリックとの合作『2001年宇宙の旅』は面白さを通り越して、僕を呆然とさせた。
 こんな素晴らしい体験をさせてくれて、ありがとう!心からそう思う。
 ご冥福をお祈りいたします。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

SFある限り・・・

  • by ヌル
  • 2008/03/20(Thu)16:11
  • Edit
アーサー・c・クラーク、亡くなられたそうですね。
実は僕、クラークはまだ読んだことがありません。『白鹿亭奇譚』は持っているのですが、今度読んでみようと思います。
また一人、SFの巨星がこの世を去りましたね。僕も99年に、光瀬龍の訃報を新聞で知り、ショックを受けたことがあります。その頃僕はまだ中2で、その前の年に学校の図書室で光瀬龍の『作戦NACL』を読んで、ファンになりました。亡くなられた日が7月7日―七夕の日だったのは、不思議な偶然だと、今でも思います。

『SFアルカギリ貴殿ノ名ハ消エズ』

これは福島正実が亡くなられた時、無名のSFファンから送られてきた弔電ですが、クラークや光瀬龍の名も、SFある限り不滅だと、僕は思います。
いちSFファンとして、心から冥福を祈ります。

科学小説の神髄

  • by A・T
  • 2008/03/23(Sun)21:29
  • Edit
 クラークの作品はSFらしいSFで、誰もが一度は通る道だと思います。
 僕は『幼年期の終り』に衝撃を受けました。とても特別な作品です。
 『白鹿亭』はとても愉快な連作短篇です。奇譚という言葉が本当によく似合う馬鹿話集だと思います。

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]