忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

筒井康隆『巨船ベラス・レトラス』

img087.jpg

筒井康隆の長篇


 なんか、呆然としちゃいました。

 日本の文学への警鐘です。出版の構造とか、著作権の問題とか。メタ・フィクションなんでしょうけど、『虚人たち』からつながる部分があって、興味深いです。

 なんか筒井さんの怒りに平伏してしまいました。もっと、本を読まなくてはなるまいなあ、と。そういった基礎となる部分の読書ができていなければ、「批評」などというレベルのものはできないんだろうなあ、と思いました。まあ、僕がここに書いているのは単なる感想文ですけど。SF以外にも、いろいろ読まなくちゃ!

 文章構成にも仕掛けがあって、場面転換の時に行空けをしなかったりして、読者の戸惑いを誘発しています。あと、気づいたのは読点の少なさぐらいでしょうか。まあ、僕にはこれくらいしか、わかりません。

 しかし、内容に関しては難しくはなかったと思います。戸惑ったのは、「登場人物」と「登場人物の創作した登場人物」とが同衾したり、登場人物と「登場人物のモデル」あるいは、登場人物が同時に二つの点で行動している、などの把握でした。あと、後半の方の劇ですね。あのへんも、勉強不足で完全には理解が及ばない。辞書を引いて調べなくては。

 登場人物のモデルに関しては、あー、あの人かなあという連想は働きますが、はっきりとはわかりませんでした。もっと、勉強せねばならんなあ。

 もっと、勉強せねばならんなあ。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]