忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(155) 『SFの時代 日本SFの胎動と展望』

img086.jpg

石川喬司によるSF評論書


 第一章は「作家論のためのノート」。第二章は「SF・夢の文学」。第三章は「時評」。

 第一章はハヤカワSFシリーズの解説からひいたもの。「SFランド」の文章が面白くて、「星新一や矢野徹がルートを拓き、小松左京が万能ブルドーザーで地ならしをし、光瀬龍がヘリコプターで測量し、眉村卓が貨物列車で資材を運び、筒井康隆が口笛を吹きながらスポーツカーを飛ばし・・・・・・」というもの。筒井さん自身はそんなに楽じゃなかったとおっしゃってますが。一応、全部目を通しましたが、けっこう全員に興味がもてました。

 第二章は日本の古典から始めて、SF的な物語を抽出しようという試み。「戦略的SF論」では主流文学としてのSFというような論じ方がされていて、興味有。また、『SFマガジン』誌上で起きたハインライン『宇宙の戦士』についての論争など、実に興味深く読みました。

 第三章は「同時代の記録」という副題が示すとおり、当時のSF評論を載せて、同時代の雰囲気が感じられていい。特に『SFマガジン』の60年代を読んでいる僕にはなかなか面白かったです。当時のSFの偏見との戦いなどが見られてよかった。

 いろいろ読んでいて読みたくなった本をメモ代わりに列挙。

 沼正三『家畜人ヤプー』『空想科学小説についての対話』なんでもこれはマゾヒズム的見地からSFを論じているそうです。 中井英夫『幻想博物館』 アイラ・レヴィン『この完全なる時代』 ピアズ・アンソニイ『蝿の戦士』 H・G・ウエルズ『神々の糧』 イタロ・カルヴィーノ『木のぼり男爵』 エリック・フランク・ラッセル『超生命ヴァイトン』 渋沢龍彦『夢の宇宙誌』
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]