忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

細野晋司『グラビア美少女の時代』

学生・社会人が毎週木曜日の発売を心待ちにする青年コミック誌「ヤングジャンプ」。二〇年前、ある少女の写真が表紙&巻頭を飾った号から同誌の驀進は始まった。本書は写真家、編集部、読者が一体になって生み出した、写真表現としては世界に類を見ない〈グラビア〉という文化を、アイドル論、出版文化史、メディア、写真表現など、様々な角度から考察。時代のミューズとなったアイドル たち、綾瀬はるか、相武紗季、鈴木亜美、市川由衣、夏菜ほか、読者が忘れられない約二〇〇点の貴重な写真も収録。(集英社新書:作品紹介より)


 正直、ヤング漫画誌のグラビアページはとばしてました。
 僕は「漫画読み」にならないといかん、と間違った漫画道を走っていたので、グラビアにうつつを抜かすのはけしからんと思っていたのです。そこに面白い世界があるとは知らずに。
 この本を読み終えたとき、そう思いました。

 はたして「グラビア」とはなんなのか?という定義づけから始まり、なぜ人はグラビアを見るのかという論考で終わる。
 当然、そこには男の欲望というものが介在しているはずなのだけれども、なぜ、真に見たいものに一つの膜(水着であるとか制服であるとか普段着であるとか)がはられているのかと、今まで考えたこともなかったことが意識に現れてきて面白かった。
 「少女の日常性をかきたてる写真」という箇所があったけれども、たしかに90年代前半、携帯もインターネットもそんなに普及していなかった時代、女の子と接点がなかった者たちにとっては、グラビアのページこそがその入り口になったであろうことは、同時代にいた僕にもありありとイメージできます。そうなんですね、単なる「エロス」では終わらない世界なんだよね。グラビアに関する「そうだったのか!」という目から鱗の落ちる本となっています。

 そして、本書に収録されている200点という写真の数々も素晴らしい。
 田中麗奈、有村架純、広末涼子、鈴木亜美などの素晴らしい被写体さんたちがたくさん。
 目の保養にもなる、ためになる本でした。同じビジュアルブックで、金子達人『美女の一瞬』もおすすめです。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]