忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『アベノ橋魔法商店街』の二巻はきっとでない。『Forget-me-not』の二巻もきっとでない。いや、十年後ぐらいにはあるいは・・・・・・。 鶴田謙二『the SPIRIT of WONDER』

bdc972d9.jpg 古本屋で掘り出し物を見つけるとものすごく嬉しい。ブックオフの百円コーナーで吾妻ひでおのサンコミの『美々』を見つけたときとか、『変態仮面』の最終巻を見つけたときとか。今日もそんな出会いがありました。なんと、モーニングKCDX72、幻の『ザ スピリット オブ ワンダーの一巻を百円でゲットしました!と書いても、わかってくれる方は少ないでしょうが。まあ、新装版もってるから特に意味はないですし・・・・・・(なんか悲しくなってきた)。

 鶴田謙二は遅筆の作家、いや、寡筆の作家です。数十年のマンガ家生活で、数冊しか単行本がでていません。連載しても、中断は当たり前。いつの間にか、いなくなっています。今日、取り上げた『スピリットオブワンダー』にしても、第一巻として発売されて以降、二巻は発売されることなく、その後、新装版として発売されたときには一巻という表示は取り消され、残りのエピソードを追加して、一冊にまとめられてしまいました。
 ただし、内容は保証します。ジュール・ヴェルヌやH・G・ウェルズのようなレトロな味のSFで、題名もSFの魅力といわれている「センス・オブ・ワンダー」からきています。エーテル理論で火星に行く話しとか、空間をつなげる装置の開発とか、懐古的な道具立てにわくわくする人にはうってつけだと思います。ちなみに、新装版の方ではチャイナさんという実に魅力的なキャラクターが登場します。もちろん、額に中などと書いてある武闘家ではなく、チャイナ服の可愛い女の子です。作者解説では、家賃の取立てにくる大家が可愛い女の子だったらいいなあという作者の願望から生まれたキャラだそうですが、ツンデレっぷりといい脱ぎっぷりといいとても素晴らしい。ちなみに鶴田謙二のマンガに登場する女性はほとんどグラマーです。
 そういえば、アフタヌーンで連載されていた『アベノ橋魔法商店街』とモーニングで連載されていたはずの『Forget-me-not』は一巻がでてからとんと音沙汰がありません。なんか、すごく嫌な予感がします。二巻は本当にでるんだろうか?なんか十年後くらいに、また新装版としてリニューアルして、高額販売するのではないか(講談社め!)という気がしてなりません。
 それでもいい、あなたのマンガが読めるなら・・・・・・。鶴田謙二ファンとなった以上、それは仕方のないことですものね。そんないじらしい心境になるほど、はまれば面白いです。五年後、十年後の単行本の発売を期待してこの文章を終えたいと思います。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]