忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

惑星を二分する壮大な夫婦喧嘩 高橋葉介『惑星LOVEの崩壊』

 今日は夫婦喧嘩が惑星を二分する戦争に突入する高橋葉介の『惑星LOVEの崩壊』です。

 鈴木・M・タツヤとノーマ・S・サディアは愛を誓い合い、結婚する。そして、アタミー恒星系の第二惑星ユガワーラへの新婚旅行を計画する(熱海と湯河原ですな)。しかし、購入した宇宙船が中古のボロだったために、航行不能になり、そして偶然にも人間の生存できる環境の惑星に不時着する。第一発見者であるタツヤとノーマはこの惑星を二人の愛の巣惑星LOVEと命名。文明や労働力の必要性から互いの細胞から五千万人ずつクローンを造り出し、五千万組の夫婦が誕生した。ほんの数年で文明は築き上げられた。しかし、どこへ行っても同じ顔、テレビをつければ夫婦間の殺人、家に帰れば夫婦喧嘩。この夫婦喧嘩がエスカレートしていった結果、男女を二分した戦争へと発展したのだった。そして、核戦争・・・・・・。惑星LOVEは崩壊した。一人生き残ったタツヤが生存者を求め、荒廃した大地をさまよっていると、生き残ったノーマがタツヤに駆け寄り二人は固く抱きしめ合った。「あたしたち、もう一度やり直せる?」「もちろんさ・・・・・・しあわせになろうね」こうして惑星LOVEにおける第一次夫婦ゲンカ戦争は終わりを告げたのであった。
 現在、史上最大の親子喧嘩と銘打たれた作品がチャンピオンで連載(『範馬刃牙』)していますが、この作品は史上最大の夫婦喧嘩として定義していい作品だと思います。
 白眉なのは文明を築き上げてからの日常生活描写です。会社では全員が鈴木さん。クローンだから、同じ顔、同じ声、同じ名前の者ばかり。酒でも飲むかとキャバレーに入れば、源氏名は別々だが、ホステスは全員我が妻の顔。妻に浮気を疑われるも、「お前と同じ顔の女と浮気してなにがおもしろいんだ?」との言い分。なるほど、もっともです。この状況を既婚者である友人に話したところ、遠くを見る目でぼそっと「それはカンベンしてほしい・・・・・・」と呟きました。なんだかリアルな生活ぶりが見えるようで、哀愁を感じてしまいました。
 結婚って、夫婦ってなんだろう?十年後くらいにこの漫画を読んだとき、僕がどう感じているかが楽しみです。っていうか、その前に結婚できるのか?という不安に胸を痛ませつつ、この文章を終えたいと思います。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]