忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界の中心でギャーと叫ぶ 楳図かずお『神の左手悪魔の右手』

4beb27f7.jpg 『神の左手悪魔の右手』が映画化しています。あの「黒い絵本」の回が中心になっているということで、かなり期待はできそうですが。例の父親役は「プロジェクトX」のナレーターとして有名な田口トモロヲ氏です。関係ないですが、「田口トモロヲ氏はステージの上でパフォーマンスとして、炊飯ジャーにうんこした」(大槻ケンヂ『リンダ・リンダ・ラバーソール』からの情報)というのは本当でしょうか?ちなみに映画は当然R-15なのでよい子は見に行かないようにね。

 恐怖マンガの大御所楳図かずおの送る「ネオ・ファンタジー・ホラー」。神の左手、悪魔の右手を持つ想という少年が主人公。なにが飛び出すかわからない展開、読者に予想すら許さない破天荒なストーリー。楳図マンガの到達点。

 こんなに怖いマンガを僕は今まで読んだことがありません。僕の中のベスト・オブ・ホラーです。まず、最初の二ページを開いたとき僕は失禁しそうになりました少女の顔面の内側から鋏の双刃が目の玉を食い破って突き出している!飛ばしすぎです、楳図先生!しかし、5ページにわたって苦しむ少女のそれが、次のページで主人公想くんの夢だとわかり腰砕け。「ええー!?」と思わず突っ込んでしまいました。
 「笑い」の起源は恐怖の克服だったという説があります。そういう意味でいえば、このマンガ、恐怖に耐えるために、突っ込みながら読むとかなり面白いです。
 ホラーというジャンルは不条理の連続で構成されています。恐怖というのは「未知のもの」です。例えば、貞子がテレビの中から出てくるのがなぜ怖いかというと、それはまったく予期できないことを彼女がやってのけたからと思うのです。現実の法則を無視した在り得ない行為。これがホラーの骨子だと思います。
 しかし、同時にこれはギャグの構造にも非常に似ているのです。お笑いの種類には二つあると個人的には考えます。一つは「あるある系」のギャグ。共感の笑いを呼ぶタイプです。(例えて言うとテツアンドトモ。みんな覚えてるかな?)そして、もう一つは意外性の笑い(もちろん、この意外性のバランスの取り方が一流のコメディアンか否かを分けるわけですが)。マンガで例を挙げれば『すごいよ!マサルさん』におけるマサルの不条理な行動
 そう、ホラーマンガは後者の構造に非常に似ているのです。ただ、違うのは繰り出した不条理が笑える場面であることを明示してくれるフーミン(突っ込み役)がいない、と。だから、その不条理な場面を自分(読者)が突っ込んでみる。すると、もう大爆笑です。特に影亡者に守護霊を食われた人々の不運さはほとんどコントです。

 学校の屋上。カッターで少女を脅している不良少女二人。影亡者に守護霊を食われたその直後から彼女たちを不幸が襲います。→なにが起きたのかカッターが偶然一人のほうの首に刺さり(たぶん少女は死んだ)、刺してしまった方の少女は動揺してその場から逃げ出しますが、階段を踏み外し転落。のみならず、落ちた先に消火器が!顔面から突っ込む少女。消火器が顔にめりこむ!だけでなく、消火器発射!彼女の口の穴、鼻の穴、耳の穴から消化剤が勢いよく噴射!(うわあ!)

 影亡者に取り付かれた少女の家へ近づく霊能者。しかし、なぜか一歩近づくごとにひどいことになっていきます。まず、右手を破損。次に、股ぐらから大量の血が!さらに近づいていくごとに股ぐらから一つずつ内臓を落としていきます大腸、小腸、十二指腸、さらに胃まで!その霊能者を映画では主人公になっている想のお姉さんが内臓ごと引きずって逃げます。股ぐらから繋がった内蔵のせいで霊能者は全長三メートルくらいになっています。しかし、なにより驚くべきことはその霊能者が生きていたことではないでしょうか。しかし、こんな修羅場を生き残ったのにも関わらず、近くで作業していた巨大クレーンが偶然倒れてきてぺしゃんこになって死にました。

 影亡者にむかってボウガンの矢を発射するさぶろうた(なぜ平仮名?)。矢は外れ、鉄橋の柱に当たり、ありえない跳ね返り方をして戻ってきて、フロントウィンドウを突き破り、後部座席の想の母親に命中。(この場面がベストシーンです。)

 作者の意図していないところで笑ってしまうのはいけないことかもしれませんが、突っ込まずにはいられない。いい意味でも悪い意味でもそれが楳図マンガの魔力。ちなみに話題の『神の左手悪魔の右手』Tシャツはこちらで発売中!・・・ギャー!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]