忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泉鏡花「高野聖」(名作を読む①)


 旅の道連れとなった旅の僧は、寝物語に若い頃に経験した怪奇なできごとを語り出した。
 旅の商人を追い、深山に分け入った僧は蛭の出る不気味な森を抜け、そこで一人の妖艶な美女と出会う。


 こんなに「面白い」とは予想だにしていなかった。
 怪異譚であり、僕の好みの物語でした。

 二本ある道筋の険しい方へと、薬売りの男を追って分け入った高野山の僧は、異様なできごとに出会い続ける。道に横たわる頭足がどこにあるとも知れぬ大蛇。蛭が雨のように大量に降り来る森。そして、山奥の一軒家に住む少年と妖艶な美女・・・。

 女が僧を川へ案内し、蛭に血を吸われた痕にその手で水をかけるシーン。一糸まとわぬ姿になり、僧の後ろに回り、僧に体をひたりとくっつけるシーンなど、東洋的な官能美を感じさせる。
 深山という隔絶された異世界で裸の美女と出会う。漱石の「草枕」もそうだったが、東洋画のような淡色のエロティシズムでどきつさはなく、どことなく上品な感じでよろしい。

 女は色欲に捕われた男を畜生に変えてしまう妖女であることが最後に明かされ、結末を迎えるのだが、現実であるのか、それともそれを語る人物の作話ともとれないこともない語り口で、いろいろと想像の働く余地があって、それもよかった。

 美しい幻想怪異譚。たいへん面白いので読んだことのない方はぜひ!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]