忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(337) ◎リチャード・マシスン「おま★★」

 ハヤカワ文庫リチャード・マシスン『リアル・スティール』収録。

 交差点のど真ん中に金属球体が突如として登場した。
 1954年の過去から、ウェイド教授がタイムマシンによってやってきたのだ。球体の中をのぞきこんだ巡査は叫んだ。
「だまれ、この卑猥なクズ野郎が!」
女性たちは悲鳴をもらし、子ども達は盗み見をし、少女たちは気絶した。群集のリンチにあったウェイド教授は、ついに逮捕された。はたして、ウェイドは何を持っていたのか?

 所変われば品変わる。ましてや、それが空間的に隔たった場所ではなく、時間的に隔たった場所であれば、それはなおさら。

 正体は「food」。食料でした。口から食べ物を摂取しなくなった時代、というか細菌兵器のせいで、食べ物がなくなってしまった時代。食べ物のことを口にすることは、たいへん卑猥なこととされていたのです!
 登場人物たちは、嫌悪感を催しながらも、ギラギラしたような目で「食料」を見てしまうのです。猥褻なものに対する嫌悪と興味は表裏一体ですね。

 ウェイドの釈放手続きをとり、家に招いた行政長官は、ウェイドに「静脈酒」を勧めます。にんにく注射みたいなものなのでしょうか。静脈から酔っ払う成分をひたすらぶちこまれるウェイドはふらふらに。その間に、行政長官はウェイドの持っていた食料を奪い取り、食べ始めるのです。しかし、その描写は非常にいやらしい。クラッカーに肉をはさんで、食べているだけなのに。食事っていうのは実は猥褻な行為なのではないかとこちらが勘違いするぐらいに。

 さて、ここからは平凡で、相手の武器を奪ったウェイドはタイムマシンに乗り、現代に帰還。ここから、最後、気の利いたオチ。帰還の祝いに食事に誘われたウェイドは思わず赤面してしまうのでした。

 さて、題名はちょっと衝撃ですが、伏字の部分を公開すると、「おまんま」なので、特にいやらしくもないと思います。他の訳では「ショク・・・」とか「食物の誘惑」などといった邦題になっているそうですが、いや今回の邦題が原題の感じを一番捉えていると思います。現代は「F---」。fuckとfoodをかけているそうなのですが、題名から内容から笑いと少しのうそざむさを感じることのできるお気に入りの作品です。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]