忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(339) ◎大原まり子「アルザスの天使猫」

日本SF作家クラブ編『日本SF短編50Ⅱ 1973-1982』収録。

 サーカスの興行師ガードゥスを、訪ねてきた男三人。シノハラ・コンツェルンの能力者たちは、ガードゥスを痛めつけ、天使猫スノウ・マンの行方を知った。特殊な能力とやさしい心の持ち主、スノウ・マンは子どもたちの人気者だったが、ある事件を境にサーカスを去った。スノウ・マンはどこへ行き、そして男たちはなにを狙っているのか・・・・・・?

未来史シリーズの一編。『機械神アスラ』以外の本はすべて読んだはずなので(だって、ブランド品についてのエッセイまで読んだもんね)、一度は読んでいる作品で、頭の中にイメージは残っていました。

 赤い人型の容姿をした猫。頭の中にはハヤカワ文庫JAの『一人で歩いていった猫』の表紙がまざまざと思い浮かびます。そのビジュアルだけで、すでにやられているところですが、大原まり子作品における「無垢な愛」の表現にはいつでもやられてしまいます。無垢というよりは、「幼い」とか「打算的でない」という言葉が適切でしょうか。醜く性格にも問題のあるフィロバテスとの友人関係と、その命を助けようとするスノウ・マンの姿には、普通の愛を超えた宗教的な愛がみえます。

 スノウ・マンはアルザスという地につきます。アルザスでは、争っている二大勢力――機械帝国と人類の必要としているアルザス鉱があり、中立地帯となっていました。ここで、スノウ・マンは子どもたちと交流をもち、幸せな時間を過ごすのです。しかし、悲劇はすぐそこに迫っていました。

 スノウ・マンはさまざまな特殊能力を持っており、そのせいでシノハラ・コンツェルンの面々に追われていたのでした。そして、機械帝国からも目をつけられており、彼は機械人に連れ去られてしまいます。そうした中、戦争が始まってしまい、数十機ものミサイルがアルザスの地を襲います。スノウ・マンは能力を発揮し、ミサイルを消滅させますが、一機残ったミサイルで子どもたちが被害に合います。スノウ・マンは治療者としての能力も持っていおり、次々と子どもたちの生命を救いますが、同時にそれは自分の命を削ることでもあるのです。夜が明け、外は一面の雪。校庭には座り込んでいた天使猫がいるはず。そこには、雪をかぶり翼のある大きな雪だるまが、輝いていたのでした。
 予知能力もあったスノウ・マンは自らの運命を知りながら、子どもたちを助けたのです。このあたりにも、宗教的な愛があって、読んだ後、なんだか神聖な気持ちになれました。

 さて、登場人物の中に「ミヤコ」という名前があったりして、『処女少女マンガ家』シリーズの主人公を思い出したり、やるせない読後感に、もう一度、「薄幸の町で」を読み返したいなあと本を保管している段ボール箱をあさったりしています(いったいどこにやったんだろう)。なんだか、もう一度、大原まり子にはまりそうです。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]