忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読みます(116) ジェイムズ・P・ホーガン『内なる宇宙』

 架空戦争に敗れた惑星ジェヴレン。その全土を管理/運営する超電子頭脳ジェヴェツクスは、一方で人々を架空世界浸けにし、政治宗教団体の乱立を助長していた。一指導者による惑星規模の大プロジェクトが密かに進行するなか、進退谷まった行政側は、ついに地球の旧き友、ハント博士とダンチェッカー教授に助力を求めるが…。星雲賞受賞。

 面白かったあ!

 ファンタジイは苦手なのですが、こういう感じであれば、悪くないなあと思いました。細かな理屈はよくわからなかったのですが、エントヴァーズの存在であったり、人格の乗っ取りであったり、超常現象的なできごとがやはり面白い。

 各話で女性と付き合ったり別れたりしているハントの女性遍歴もこれで終わりなのでしょうか。まあ、ハントはモテて当然なのでしょうが、逆に、疫病神に取り付かれているダンチェッカーが可哀想でしかたありません。

 人類が迷信深くなっていたのは、ジュヴレン人から、エント人に責任転嫁され、そのエント人でさえ、わざとじゃなかったということで、前回のお話はいったいなんだったのかといいたいところですが、まあ、衝撃的事実というのはその瞬間のみに効果を持つものだからいいか、と自分を説得しつつ、なんだか釈然としないのも事実。

 とにかく、長いよと読む前は思っていたのですが、そんなに長さを感じませんでした(まあ、版が昔のとは違って、文字が大きく感じるということもありますが)。それだけ時間を忘れて読めたということでしょう。政治にアクションに科学に・・・・・・と多岐にわたるストーリーを纏め上げる手腕はさすが。個人的にはもう少しスマートにきめたほうがよかったのではないかと思ったりするのですが。

 面白かった。でも、やっぱりシリーズ一作目が一番面白かったなあと嘆息するのでした。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

はじめまして

  • by goldius
  • URL
  • 2007/03/29(Thu)17:02
  • Edit
「星を継ぐもの」がホーガンのベスト1なのは明白ですが、これも傑作だと思うのに、何故かここまで読む人は少ないですね。ファンタジイと正しい評価しているのも共感しました。

無題

  • by A・T
  • 2007/03/29(Thu)22:46
  • Edit
goldiusさん、はじめまして。前書きに書いてあるように、異世界といっても、きちんとルールを作っているのが、ホーガンのホーガンたるところなんでしょうね。シリーズものというのは、最初の設定で驚いたできごとが、実は別のことだった・・・・・・ということで、幻滅していって離れる人が多いのかもしれませんねえ。

TRACKBACK

Trackback URL:

「内なる宇宙」 J・P・ホーガン 池央耿 訳 創元

  • URL
  • 2007/03/29(Thu)
世界でただ一つの本物の異世界ファンタジーである。 異世界だと言ったところで、 この作品に比較すれば所詮地球の過去か未来でしょ。 あるいは別の惑星でしょ。 もしくはコンピュータ内の仮想空間でしょ。 となる。 物理定数を少し変えただけのハードSFの別の宇宙も、 こ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]