忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読むがね(111) オースン・スコット・カード『エンダーのゲーム』

img033.jpg 地球は恐るべきバガーの二度にわたる侵攻をかろうじて撃退した。捕らえた人間を容赦なく殺戮し、地球人の呼びかけにまるで答えようとしない昆虫型異星人バガー。その第三次攻撃にそなえ、優秀な司令官を育成すべくバトル・スクールは設立された。そこで、コンピュータ・ゲームから無重力戦闘室での模擬戦闘まで、あらゆる訓練で最優秀の成績をおさめた天才少年エンダーの成長を描く、ヒューゴー、ネビュラ両賞受賞の傑作。

 お、面白かったあ・・・・・・!!

 読んでいて思い出したのはハインラインの『宇宙の戦士』。軍隊生活ってのは、本当に嫌だなあと心底思いました。

 それにしても、エンダーは清く正しいいい子だ!解説によると作者はウィリアム・ギブスンの作品に「ここで描かれた人間はあまりに堕落していて、現実的ではない」という評を下したそうですが、読んでいるとそれもわかるような気がします。幾度となく絶望的な状況に陥りながらも、それを打破していくエンダーが爽快でした。

 エンダーのゲームの正体には、途中からうすうす気づいてはいたものの、やはり、それが明かされたときには興奮しました。ただ、そこで終わっていてもよかったような気がしないでもないですが・・・・・・。バガーがどんな心境であるかがわかったあとでは、「いったいエンダーがやったことの意味って・・・・・・」と僕は落ち込んでしまいましたが・・・・・・。まあ、それも含めてしみじみとしたラストではありましたが。

 これはテレビアニメ化したら面白いだろうなあと思いました。なんとなく戦う子どもたちの様子が『機動戦士ガンダム』を想起させます。最大の魅力である、バトルスクールでの戦闘シーン。エンダーの戦術を映像で立体的に見てみたいものです。

 続編もあるようなので、読まないといけませんねえ。『死者の代弁者』『ゼノサイド』『エンダーズ・シャドウ』『シャドウ・オブ・ヘゲモン』『シャドウ・パペッツ』『エンダーの子どもたち』・・・・・・。こんなにあるのか。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]