忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(128) アイザック・アシモフ『第二ファウンデーション〈銀河帝国興亡史③〉』

img056.jpg 設立後300年にして、第一ファウンデーションは瓦解してしまった。ハリ・セルダンが予見できなかったもの―――ただ一個の人間、超能力を持つ突然変異体ミュールの圧倒的な力と対決し、敗れさったのである。だが、まだセルダンによって設置されたもうひとつのファウンデーション、謎につつまれた第二ファウンデーションが残されていた。ミュールにとってはその銀河系征服を完遂するために、またファウンデーションの生き残りにとってはそれを阻止するために、両者による第二ファウンデーション探索が開始されたのだ!SF史上に燦然と輝く傑作宇宙叙事詩、待望の第三弾!

お、面白い・・・・・・。

 第一部では心優しき征服者、そしてゆがんだ精神の持ち主、ミュールが引き続き登場。超能力戦を展開します。アシモフって、こういうアクション活劇みたいなのも、書こうと思えば書けるんだなあ。
 そして、正体不明の第二ファウンデーションの登場。ここまで引っ張ってきただけに、最後の種明かしは肩透かしの気がしないでもありませんが、まあ、きちんと伏線は張ってあったので納得しました。それに、対第二ファウンデーションは次のお話だし。

 第二部では、ベイタの孫のアーカディアという魅力的な女の子が登場。僕はこういうおきゃんな子が大好きです。ニヤニヤしながら読んでました。
 アーカディア大活躍なのですが、最後にはまたもや一枚裏をかいた結末が待っていました。これまた、これまでの物語をぶち壊しのオチが。うーん、複雑な気持ちだぞ。アーカディアには復讐戦を展開してほしいものだけど。まあ、無理か。
 とにかく、続けて発表された三部作はこれにてオシマイ、というわけで・・・・・・。次は二十年の月日を経て発表された第四部『ファウンデーションの彼方へ』ですだ。とにかく、二十年も待たずにすむわけですから、この時代に生まれてよかったなあと思います。楽しみだ!
 アシモフの他作品の感想
  『神々自身』
  『火星人の方法』
  『サリーはわが恋人』
  『鋼鉄都市』
  『はだかの太陽』
  『永遠の終り』
  『ファウンデーション』
  『ファウンデーション対帝国』
  『第二ファウンデーション』
  『ファウンデーションの彼方へ』
  『ファウンデーションと地球』
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]