忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(191) 『筒井康隆全集4 時をかける少女 緑魔の街』

筒井康隆全集第四巻


 お気に入りの作品を。

『悪夢の真相』

 精神分析のお話を物語にしたもの。サスペンスやホラーの雰囲気があって、好きです。

『時をかける少女』

 有名作品。読むのはもう五度目くらい。映画はまあまあ好きです。各方面で評価の高いアニメはまだ見ていません。どうなんだろう。やっぱり、余韻の残るラストシーンがいいですよねえ。時間の跳躍って、様々な解釈ができるから、読むととまどってしまうんですよねえ。小松先生や、福島先生が登場していて、くすりと笑いました。福島姓の人物はほかの作品にも登場します。

『地球はおおさわぎ』

 シリコニイが登場する作品。無生物に命が吹き込まれててんやわんやとなるお話。ギャグ満載で好きです。

『白いペン・赤いボタン』

 逃げ切るようなラストが好きです。ラストが教訓的だと、がっかりするんですが、こういうぬけぬけとした作品が僕は大好きですねえ。

『緑魔の町』

 おそらく下地にはジャック・フィニイの『盗まれた街』があると思います。ある日、自分の存在が認められなくなる。その恐怖、そして後半の追い迫ってくる集団の様子が、めちゃめちゃ怖いです。中学校の時に読んだときは、おもしろさにひどく興奮したものです。『少年サンデー』に連載されていたそうです。

 総評:まだ三巻を読んでいる途中だったのですが、気分転換に読み出したら一気に読み終わってしまいました。それだけ、読みやすいし、面白いのだと読み終わってから感じました。解説の今江祥智さんの言葉に、うーんとうなってしまいます。確かに、大人物に比べると強烈さが足りないんだよなあ。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]