忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(220) ロジャー・ゼラズニイ『ドリーム・マスター』

img164.jpg ロボット子宮を用いて夢の世界を形作り、患者の神経症的風景の中にわけ入ってゆくことで、その異常性を治療する数少ない特殊な精神分析医―――シェイパー。レンダーはそのシェイパーのなかでも、もっとも優秀な一人だった。だがある日、シェイパーを志す盲目の美人精神科医ドクター・シャーロットの治療をひきうけたときから、運命の糸はおもいもよらぬ出来事を、つぎからつぎへと紡ぎだしてゆく・・・・・・。米SF界きっての才人ゼラズニイが、トリスタンとイゾルデの物語、ファウスト伝説などを素材に、持ち前の華麗な筆致を駆使して綴りあげた、絢爛たるイマジネーションの世界!

 うーん、よくわからなかった。

 これは西洋文学や歴史の素養がないと理解できません。トリスタン?イゾルデ?ウィンチェスター聖堂?まったく、知識がないので理解できませんでした。巻末にけっこう長い解説が収録されていますが、解説よりもむしろ僕は注釈をつけていただいていたほうが、ありがたかったです。

 小説を読むのになんの努力もしないのは、こちらに非があるのかもしれませんが、そういう意味でいえばこれはエンターテインメントを目指した小説ではないのでしょう。治療のためのロボット子宮や、その内部で構成されるヴァーチャルリアリティ?の世界は、おおっと思いましたが、物語が神話や伝説などを理解していることを前提にしていて、少なくとも日本の読者には伝わりにくい内容だと思います。だから、解説よりも注釈が必要だと思ったのです。

 ニューウェーブの作品の悪いところは、小説の完成を目指すがゆえに、読者の理解しにくい作品になってしまうところなのでしょう。もちろん、よい面も感じているのですが、黄金時代のSFと比べると、やはり何か脇道にそれているような感が否めません。ただ、それは「SFに何を求めているのか?」という読者の読みたいものの傾向、期待値の反映であると思うので、「いい」「悪い」の問題というよりも、好みの問題に最後には行き着いてしまうと思います。

 というわけで好ましくないと思う面は挙げたので好きなところを。まず、ミュータント犬の登場。これは、ステープルドンの『シリウス』の影響がモロにあると思うのですが、ニューウェーブがそうした思索的なSFを志向していることの表れでしょうか。野生的になった犬が狩を行うところなど、『シリウス』そのままで、なかなか感じ入るところがありました。
 それから、座標を打ち込むと目的地まで行ってくれる自動車。こんな車があったらいいなあと思うのは、僕がペーパードライバーだからです。
 そして、盲目の女性が視覚認識をロボット子宮内で行う様子ですね。レンダーが世界を操る様子も、運命に弄ばれた世界への復讐ととれる様子とか、巧いなあと思いました。

 なんだ、けっこう楽しんでるじゃん、と今この記事を書いてるうちに思えてきました。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]