忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(258) エドモンド・ハミルトン『さすらいのスターウルフ』

img209.jpg 凶悪無比の略奪行為を生業とし、“スターウルフ”と恐れられ忌み嫌われているヴァルナ人。地球人を両親に持ちながら惑星ヴァルナに生まれたモーガン・ケインは、スターウルフの一員として悪徳の限りを尽していた。だが、ある時ふとした仲間割れから相手を殺して一味を脱走、外人部隊に身を投じる。以来あくまで一隊員として身元を隠し、追手を逃れてきたのだが・・・・・・無類の面白さで読者を魅了するスペースオペラの金字塔!

 面白かった。

 掛け値なしのエンターテイメント。楽しい、楽しい、楽しいの連続です。まず世界設定がいいですね。人類は様々な星に散らばっていて、独自の進化を見せています。重力の強い星ヴァルナで生まれたヴァルナ人は力のやたら強く、ワープ時の負荷にも耐えられるようにできていて最強。地球人でありながらヴァルナで生まれ育ったケイン。スーパーマンみたいに活躍します。

 初めの逃げ出す場面で宇宙塵の中に突っ込んで隠れるところから、魅せられっぱなしです。外人部隊に入隊して着いた星で大暴れ。捕まり、今度はSF小道具を使って脱出。別の星ではスパイ戦。読心能力を持つ動物との駆け引きなど、スリル盛りだくさん。さらには超兵器の存在、スターウルフとの追いかけっこ、超科学の飛行船・・・・・・など息つく暇もなく、あっという間の240頁。

 野田昌宏さんの訳は、前は苦手だったのですが、最近、好きになってきました。時々、大時代な言い方になったりするのが気になっていたのですが、それも含めて原作の味を伝えていただいているのでしょうか。特に「紫電が走った」などの描写がカッコイイ。

 ハヤカワSF文庫の記念すべき一番目の作品ということで、たしかに先頭を切るのにふさわしい素晴らしい作品。楽しめました。
 ところで関係ないですが、『バゴンボの嗅ぎタバコ入れ』買ったら千円以上もしました。本の値段って、上がってますよねえ。もうちょっと安くして・・・・・・。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]