忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ⑥ポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスン『地球人のお荷物』

 ホーカシリーズ。シャーロキアンなので、『バスカヴィル家の宇宙犬』という題名を見て以来、いつかは読まねばならぬと思っていましたが、書店で復刊しているのを見つけたので購入。

 星間調査部隊少尉アレックスが不時着したのは、太陽系から500光年離れた惑星トーカ。そこに住んでいたのはテディ・ベアそっくりのホーカ人だった。天真爛漫で想像力豊かなホーカ人、アレックスと出会って地球の文化に夢中になり、西部の男、ドン・ジョヴァンニ、シャーロック・ホームズなどなど、あらゆるものをまねしはじめたからさあ大変!てんやわんやの大騒動の結末やいかに?(カバー裏より)

 あまのよしたかのイラストレーションがカワイイ。実物は『スターウォーズ』のあの熊みたいなやつ(イウォークだっけ?)みたいなのかな?外人部隊とか、海賊ものとか、元ネタを知らなくてちょっと辛いが、そこはホーカの可愛らしさで、楽しかった。純粋に作品として一番面白いのは地球にやってきたホーカ使節団一行がオペラを見て、それにはまってしまい、ドタバタお芝居みたいな感じになる『ジョン・ドーンズ』だと思う。あとは、『宇宙パトロールのトム・ブラッケン』というTVドラマに感化されて、本当に軍隊に攻めて行っちゃう『進め、宇宙パトロール』が好き。『バスカヴィル家の宇宙犬』は勝手にワトスンやレストレイドにされてしまう人間たちが可哀相だけど、面白い。
 でも、現実と虚構を混同しちゃいけないよねー。ちなみに続編は『くたばれ!スネイクス』。すでに購入してあるので、読むのが楽しみだ!
 ところで、解説では新井素子さんがぬいぐるみへの異常な愛情を語っています。『ひでおと素子の愛の交換日記』でさんざん吾妻ひでおに突っ込まれていたこの性癖もいまだに現役なんですね。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]